Web サイトを作ってみてわかったこと

ついに学校のWEBサイトを作り始めた。ところがいざ始めてみると、コンセプトが固まっていないことに気がつかされる。試行錯誤の上に出来上がったWebサイトとは……。

 僕は一度アメリカに戻ると、ウエブサイトの制作を始めた。

 商用WEBサイトを作るのは初めてではなかったが、経験値はとても低い。コンテンツをどうしようかと悩みつつ作成を始めた。

一体誰のための学校なのか?
 そもそも僕らは、誰をターゲットにした学校を創りたいんだろう? そんな当たり前のことを考えるところから始めることになった。出てきた答えは、「マジで勉強したい人たちのための学校を作りたい」だった。本気で学びたい人のなら誰でもいい。セブ島の海が目的じゃなくて、ガッツリと学びたい人たちだ。そこで、「本気で学ぶフィリピン留学」というキャッチコピーを考えて、それを軸に書き始めた。

 次に「創業者の想い」、つまり経営理念を書き始めた。中西くんの「みんなで夢を叶える場所を作りたい」という言葉も好きだし、僕自身の、「英語を身につけることで、自分の世界を広げ、未来を切り拓く」という言葉も、どこかに盛り込みたい。

 それから、カリキュラムの内容もわかりやすく明示したい。しかし、いったい何をどこから手をつければいいのだろう? 漠然と考えていても何も始まらないので、とりあえず思いつくままにドンドン作りながら考えることにした。

カリキュラムを煮詰める
 何でもそうだが、文章にしたり図を描いたりすると、頭の中が整理される。サイト作りも例外ではなかった。文章にするごとに、生煮えだったカリキュラムの構想がクッキリと浮かび上がってきた。その頃に書いたカリキュラムの紹介を少し抜粋してみよう。

 こうして、カリキュラムの骨格がハッキリと見え始めてきた。例えば、「書けないことは話せない」とか「憶える、浸る、使う」以外にはやることがないとか、そういう当たり前の事実がクリアになった。あるいは、日本人に共通する発音の問題などなど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ksudie なるほどなぁ… 4年弱前 replyretweetfavorite

aonakom 今の職場で初めてやったクリエイティブ業務を思い出したorz ターゲティングも細分化しないと届かないんすよ……って業務。 4年弱前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 文章にしてみて、初めて分かってくることが沢山あります。WEBサイト作りは、まさしくそんな体験でした。 4年弱前 replyretweetfavorite