SFおたく道—水玉螢之丞を語る②ヲタクの人はすぐ本題から入る

2015年8月11日(火)、水玉螢之丞『SFまで10000光年』刊行記念対談として、ジュンク堂書店池袋本店にておこなわれた大森望×岡部いさくの対談を掲載します。いさましいちびのイラストレーター・水玉螢之丞はどのようにして生まれ育ったのか? 実のお兄様である岡部いさく氏に、大森望氏がせまります。(全3回/構成・さいとうよしこ)

■SFの原体験

大森望(以下、大森) 子ども向けのSFはどなたが?

岡部いさく(以下、岡部) いつのまにかうちにありました(笑)。たぶん母が「こういうの読むかな?」って買ってきたんでしょう。あと、『両棲人間』とか。

大森 僕が生まれてはじめて読んだSFがまさにそれです(笑)。アレクサンドル・ベリャーエフのジュブナイルSF。今は『イルカに乗った少年』ってタイトルになってますけど。

岡部 えええ~? それは上品な(笑)。

大森 城みちるになってしまった(笑)。偕成社版の『両棲人間一号』が1962年ごろの初版なので、そのへんですよね。うちもたまたま母親が古本屋で買ってきたのがあって、それを読んでSFにハマったので、意外な共通点が。

岡部 大森さんと両棲人間きょうだいだったとは(笑)。

大森 いまはすっかり忘れられてますけど、当時、ベリャーエフは日本で非常に人気があって、選集まで出てましたね。『ドウエル教授の首』とか『永久パン』とか『空気を売る男』とか。子ども向けだと『人工衛星ケーツ』とか『合成人間ビルケ』とか。
 中でも『両棲人間』は人気が高くて何種類も翻訳が出てました。
 という話はともかく、じゃあ、そういうジュブナイルSFと、おじいさんの家の〈SFマガジン〉がSFの原体験。

岡部 それと母方の叔母のところにハヤカワのポケミス、あれがだーっとあったんですよ。
『どもりの主教』(E・S・ガードナー)とか『ドラゴンの歯』(エラリイ・クイーン)とか。子ども心にもどういう話なんだろうとわくわくするようなタイトルで。
 自分で本屋さんに行って棚の本がおぼろげにわかるころになると、叔母のところにあったミステリと同じような装丁で、赤い六角形のロゴに「SF」って書いてある本がある。よく見ると『宇宙病地帯』(ジョージ・O・スミス)とか。

大森 ハヤカワSFシリーズ、銀背というやつですね。ポケミスのSF版。

岡部 僕が子どものころには同級生の間でもけっこうSFが話題になってて。叔母とかおじいちゃんが読んでるものの地続きにSFがあったんですね。たぶん妹にもそう見えてたんでしょうね。妹の場合はさらに「兄ちゃんも読んでる」という面があって(笑)。

大森 みんな普通に読んでる(笑)。

岡部 別にまなじりを決して読まなければというものではなかったんですよね。

大森 先日、池澤春菜さん(父君が作家の池澤夏樹氏)にインタビュウしたときにも、「普通に家にあるものを読んでいただけです」と言っていました。「こんなに世の中の人が読んでいないものだったとは」と(笑)。

岡部 僕が子どものころに『宇宙船ビーグル号』(A・E・ヴァン・ヴォクト)とか『トリフィドの日』とか『海竜めざめる』(ともにジョン・ウインダム)」とか、それからもちろん『火星の砂』(A・C・クラーク)とか、ああいうのを読んでて。あのときに妹も読んでいたんでしょうね。たぶん。

大森 本棚は共有になってたんですか?

岡部 そうです。あるいは、そのへんに出しっぱなしにしていたか(笑)。

大森 お宅は当時、どちらに?

岡部 さいたま市浦和です。部屋はそれぞれあったけど、居間でごちゃごちゃやっていた。
 きょうだいの仲がいいというか、共通の世界がありつつ、それぞれ方向性が微妙に違うとか。
 姉はあんまりSFのおたくにはならなかった。教養としていくつか、ブラッドベリとかは読んでたかもしれませんが。ハインラインは読んだ形跡がありませんでしたね(笑)。
 妹が小学校から中学校に上がる頃、絵のないSFの本を自分で読むようになった時期が、いわゆるニューウェーヴとかゼラズニイとか、あそこら辺の頃なんですよね。ですんでたぶん、妹がシルヴァーバーグ好きだったか、ゼラズニイ好きだったか、ディレイニー好きだったか、そのへんの話をよくしたことはないんですが、たぶんSF界がわくわく沸き立っているという印象は持ったんじゃないかな。ハーラン・エリスンなんか、けっこう好きだったと思いますよ。

大森 ジュディス・メリルの『年刊SF傑作選』の洗礼を受けて。僕は水玉さんの1学年下ですけど、だいたい中高生くらいでバラードにかぶれて、今までと違う、かっこいい感じのものに触れて、ハインラインとかをバカにし始める(笑)。

岡部 それまではジョン・W・キャンベルとかマレー・ラインスターが好きだって言ってたのに、急に生意気なことを言い出すようになるわけですよ。「ブライアン・オールディスがねえ」とか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
岡部いさく×大森望「SFおたく道」

岡部いさく /大森望

2015年8月11日(火)、水玉螢之丞『SFまで10000光年』刊行記念対談として、ジュンク堂書店池袋本店にておこなわれた大森望×岡部いさくの対談を掲載します。いさましいちびのイラストレーター・水玉螢之丞はどのようにして生まれ育ったの...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

hykw_SF 12月上旬刊の『SFまで10万光年以上』の書影を公開しています。> 約4年前 replyretweetfavorite

nzm 水玉螢之丞『SFまで10万光年以上』書影が末尾に。12月11日発売。240ページ(うちカラー16ページ)、2052円。SFマガジン連載の他、「辺境の電脳たち」「ホンの読見」などの連載や文庫カバーイラストなど、全SF仕事を網羅。 https://t.co/NmAKBJQBat 約4年前 replyretweetfavorite

maniamariera 第二回更新です! 『10万光年』刊行のおしらせも。 約4年前 replyretweetfavorite