新訳 世界恋愛詩集

50年後にページを開いて」イェイツ

50年後の恋人に、年老いた恋人に、あなたなら何を伝えますか? ノーベル文学賞も受賞したアイルランドを代表する詩人・イェイツの一篇「When You are Old」が、菅原さんの超訳により現代に甦ります。
東京ミッドタウンの読書イベント「夜の読書館」の館長としても話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の恋愛詩に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。

50年後 年老いた君がページを開く
そのとき僕はもういないかもしれない
だけど 君の髪が白くなり
赤く燃えてる暖炉のそばで
うとうと眠りに満ち足りて
ひとり静かに まどろむときに
この詩集を開いて欲しい


ゆっくり言葉を 指でなぞって
そして夢を見て 思い出して欲しい
若かったあの頃の 深く優しいまなざしを


これまで多くの男たちが
その美しさと 甘やかな時間を求め
真実の愛や 偽物の愛で
君のことを愛したけれど
たったひとりだけが
ひたむきに巡礼する君の魂を愛し
たったひとりだけが
君の顔に浮かぶ 悲しい時間さえ愛した



50年後 年老いた君がページを開く
そのとき僕はもういないかもしれない
だけど 遥か彼方の山を越え
星座の向こうに顔を隠した
たったひとつの愛のこと
ひとり静かに まどろむときに
すこし悲しくささやいて欲しい


ゆっくり言葉を 指でなぞって
そして僕らは手をつなぐ
時間を越えて ページの裏で


『50年後にページを開いて』イェイツ

ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865〜1939)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

michiko_ishida このウィリアム・バトラー・イェイツの詩 『50年後にページを開いて』When You are Oldの訳者は、菅原敏さん。 出典元はこちらです✨ https://t.co/LyxV5NCOzN 7ヶ月前 replyretweetfavorite

fujinejima イェイツの詩。訳は菅原敏さん。久保田沙耶さんのアートワークがいいですね。 3年弱前 replyretweetfavorite

sayakubota 【連載更新】 |新訳 世界恋愛詩集|菅原敏 /久保田沙耶 |cakes(ケイクス) https://t.co/HPrQSWgnz7 https://t.co/IraGvfhS7t 3年弱前 replyretweetfavorite