ツイッターで大反響の〇乳ブラ

『1行バカ売れ』の鉄則は、まず受け手に「問題意識」を持ってもらうことだと川上徹也さんは言います。それではどのように書けば、受け手に問題意識は芽生えるのでしょうか? バカ売れしたブラジャーの事例から、問題意識にアプローチするためのキャッチコピーの書き方をご紹介します。

商品名が悩みを解決するブラジャー

  生活者の悩みやコンプレックスなどの「問題意識」をそのまま商品名に盛り込むと、伝わりやすさが早くなります。そのような商品は店頭では買いにくいものですが、 ネットでの買い物が一般的な現在は人目を気にせず買うことができるので、隠れた悩みやニーズに応える商品を開発できるとヒットにつながりやすくなります。

2010年4月大手下着メーカーのワコールは、こっそり多くの女性が抱えていた悩みをそのまま商品名につけたブラジャーを発売しました。それが

大きな胸を小さく見せるブラ

 です。

 当初はウェブだけの限定でしたが、発売開始からバカ売れ。わずか1週間で当初の計画数量を完売します。
 翌年からは店頭でも販売されるようになります。2015年5月までに累計11万5000枚以上売る大ヒット商品になりました。
 2014年後期のワコールのブラジャー人気ランキングでは堂々の1位に輝いています。購入した人の8割以上がリピーターなのも特徴です。

 かつて多くのブラジャーが「よせて上げる」など胸をより大きく形よく見せるという視点で作られてきた中で、このヒットは意外という見方ができるかもしれません。しかしワコールが2009年に20~40代女性を対象に実施した「ブラジャーに求めること」というアンケートで、「バストをコンパクトに見せたい」と回答した人が10.7%いたのです。
 1割といえば少数派という言い方できますが、人数にすると大きな市場があるともいえます。トップメーカーの使命感もあり、そこに注目して商品化したものでした。それがまさかの大ヒットになったのです。

 大ヒットになった背景には、まず機能的ベネフィットをそのままあらわした非常にわかりやすいネーミングがありました。それに加え、今までそのようなニーズを強くは感じていなかった女性に「問題意識」をもたせたことも一因だと考えられます。

 たとえばワコールのサイトでは、「こんなことで困ってませんか?」と問いかけることで、女性の問題意識を顕在化させています。それは以下のようなものです。

「ワンピースを着ると太って見える!」
「ブラウスの隙間が広がる!」
「Tシャツの柄が伸びる」

 それまで強くニーズを感じていなかった女性も、改めてこのように問いかけられると、「問題意識」がめばえます。そして「確かに私も欲しいかも」と思ってしまうのです。

ツイッターで大反響の〇乳ブラ

 大きな胸に悩む女性もいれば、小さな胸に悩む女性もいます。特に下着選びには苦労するそうで、Aカップより小さいブラジャーはランジェリーショップの店頭にあまり置いていないそうです。

 そんな胸の小さな女性向けに似合う可愛いランジェリーを、ある女子大生が企画発売したところ、ネットで大きな話題になりバカ売れしました。

 それが2014年にできた「feast」というランジェリーブランドです。同ブランドのデザイナーであり企画運営もしているのは当時多摩美術大学1年生だったハヤカワ五味さん。

 もともとハヤカワさんは、胸が小さいということがコンプレックスで下着選びが苦痛だったと言います。そこで、ひとりでも多くの同じ思いを持っている女の子に、明るく楽しい下着選びをしてほしい、という思いをこめてブランドを立ち上げました。

 今まで、一般的に女性の小さな胸のことは「貧乳」と表現されてきました。考えたら、とても失礼な表現です。「feast」ではそれを「品乳」「シンデレラバスト」と言いかえ、「シンデレラバスト向けブラジャー」として売り出したのです。

 大きく話題になったのは、予約販売を開始することをツイッターで宣言したハヤカワさんのひと言でした。

 それは

なんで、胸がある子にはランジェリーを選ぶ楽しみがあって
貧乳にはない?!

 でした。このフレーズは、予約受付ポスターのキャッコピーにも使われています。

 このツイートは大反響を呼びました。直後に約1万4000件のリツイートがあり、初回発売の200セットは即日完売。急遽追加された200セットもすぐに完売したのです。
 まさに悩みを強い1行に「問題意識」化し、それを救済する商品を発売したことで、この商品はバカ売れしたのですね。

  OATH(オース)の法則でアプローチを変える
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
1行バカ売れ

川上徹也

大ヒットや大行列は、たった1行の言葉から生まれる!20年前に出版された文庫本をミリオンセラーにしたPOPなど、広告・SNSなどでの大ヒット事例を分析しながら、人とお金が集まるキャッチコピーの鉄則を紹介。結果につながる言葉の選び方をコピ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sekichiku_12 今日この記事読んだばかりだったから、シンデレラバスト思わず反応した https://t.co/DWspwxTt49 約2年前 replyretweetfavorite