海外で働くのに必要なスキル【第14回】高度に専門的なスキルはなぜ有利なのか?

「グローバル人材」として求められるのは、高度に専門化されたスキルを持つ人材だということが明確にされた前回。そうした人材が世界各地で活躍することができる背景には、単純な需要の問題以外の要素もかかわっていました。

前回のコラムで、グローバル人材様に求められているスキルは「高度に専門化されたハードスキルである」と説明しました。さて、こういう専門家の方はなぜ世界中様々な土地で働くことが可能なんでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hanax123x 確かに就労ビザのことに触れないわ…海外就職コンサルタントさんたち。 5年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi これ以上無く分かりやすい喩え。www>> "あくまで実態を伝えないで夢を売ってるだけなんです。お姉ちゃん提供しないで、代わりにオナホを売ってしまう風俗みたいなもんですよ。" |May_Roma|cakes http://t.co/RAckUumTf5 5年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi ワロタwww>> "日本では「若者こそ 5年以上前 replyretweetfavorite

nokky14 新興国マーケティング(中国だけだが)を5年やったけど日本の会社では「評価しない」と断言された・・・残るは現地採用? @May_Roma さんの記事 > 5年以上前 replyretweetfavorite