内田樹さんにとって本屋さんはどんな場所ですか?

本との出会いは宿命だと思っています。書評で本を買うことはまずありません。全身の感度を上げて書架からのメッセージを感じ取って、一冊パッと抜き取るんです。(『ケトル』第0号より)

内田樹さんにとって本屋さんはどんな場所ですか? 

 

本との出会いは宿命だと思っています。書評で本を買うことはまずありません。全身の感度を上げて書架からのメッセージを感じ取って、一冊パッと抜き取るんです。やっぱり自分で買った本って重いですよ。図書館の本って軽いと思いません? その本のジューシーな部分をみんなで吸ってしまったからなのでしょうね。昔はお金がなかったから厳選したけど、今は読む時間が無いから、どの本を読むか厳選しています。選ぶ真剣度はベクトルが違うだけで今も昔も同じですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
僕等が本屋に行く理由

ケトル

「最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」をコンセプトとした、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第1弾は、創刊準備号掲載の「僕等が本屋に行く理由」。 電子書籍、オンラインストア…。本屋に行かなくても本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード