リョウとアヤ 後編—「パパがきますように」七夕の願い。

物心ついたときからママとおばあちゃんの4人暮らし。「パパだった人」の記憶はないと語るリョウとアヤ。ある日、ママと行った友達の家で、「山崎さん」という話の面白いおじさんに出会って……。兄妹へのインタビューをもとに、現代の家族のストーリーを紡ぎます。
この連載の成り立ちは序章を、「リョウとアヤ」前編もぜひ併せてお読みください。

幼稚園に通っていた3年間、アヤは七夕の短冊に、毎年同じ願いを書いた。

「うちにパパがきますように」

リョウもアヤも、パパがいなくて寂しいと思ったことは一度もなかった。そもそもパパのいる暮らしを知らなかったし、パパの代わりに、家にはいつもおばあちゃんがいてくれた。お父さんの絵を描きましょうという、いつかの幼稚園の課題で、アヤはおばあちゃんの絵を描いた。みんなと違うことは、自慢できることなんだよって、ママがいつも教えてくれていたから、クラスで1人だけパパの絵を描かなくても、アヤは気にしなかった。
完成した絵をプレゼントすると、おばあちゃんはとても喜んでくれた。だから、アヤも嬉しかった。 それでも、「パパがきますように」と願ったのは、パパが家にやってきさえすれば、ママが今ほど忙しく働かなくてよくなって、もっと長い時間、自分たちと一緒にいられると思ったからだ。

「ままにあいたい」
「ままはやくかえってきて」

他愛のない出来事が多く綴られるリョウの日記とは対照的に、アヤの日記には毎日、正直な寂しさが綴られていた。

「ままも、りょうとあやにはやくあいたいよ」
「りょうとあやは、ままのたからものだよ」

眠っている間にママが残しておいてくれた言葉を、2人は朝になると、何度も読み返した。

数年前のあるとき、リョウ達3人は、幼馴染のレイちゃんの家の食事会に招かれていた。レイちゃん一家とは、昔から親戚のように親しくしていた。パパという存在を知らなかった幼いリョウとアヤは、レイちゃんが父親のことを「パパ」と呼んでいるのを見て、すっかりそれを名前だと思い込んだ。それで、自分たちも同じように、レイちゃんのパパを「パパ」と呼ぶようになった。レイちゃんのパパも、決してそれを訂正しようとはせず、リョウとアヤを、レイちゃんと同じように可愛がってくれるのだった。

その日の食事会には、リョウたち家族以外にも数人のお客さんが集まっていて、いつにも増して賑やかだった。レイちゃんのパパが、そのうちの1人、山崎さんというおじさんを3人に紹介してくれた。山崎さんとレイちゃんのパパは、古くからの友人だという。山崎さんは、決して自分からたくさん話そうとはしないものの、たまに誰かに話をふられると、ぼそっと関西弁混じりの冗談を言う。それがすごく面白くて、山崎さんが話すたびに、みんながどっと笑った。

「アヤちゃん、このおじさん大阪出身なの。面白いでしょ」
レイちゃんのパパがアヤに尋ねると、アヤはにっこりと頷く。ところがこのとき、山崎さんの冗談を誰よりも面白がったのは、実はリョウの方だった。大人たちがふと気がつくと、いつの間にか、山崎さんの側にぴったりくっついて座り込んでいたリョウ。ふんふん、と黙って耳を傾けてくれる山崎さんに、興奮気味に、延々と得意のお喋りを続ける。

「リョウくん、よう喋るなあ」
ようやく話が途切れたタイミングで、山崎さんがおかしそうに言うと、幼いリョウは、照れた様子で笑う。 楽しくて仕方がないとき、リョウのお喋りは止まらなくなる。家族にとっては見慣れた光景だが、初対面の男の人の前で、リョウがそんな一面を見せることは、これまで一度だってなかった。大人の男の人は、リョウにとって未知の存在であって、低い声や大きな体は、無条件に恐怖の対象だった。学校の先生にさえ、すぐに打ち解けることができなかったほどで、この日のリョウの様子に、ママは内心とても驚いていたという。

この食事会をきっかけに、リョウたち家族と山崎さんは、定期的に会うようになった。食事を共にしたり、映画やカラオケに一緒に出かたり。ひとたび山崎さんが家に遊びにやってくれば、帰らないで、と2人がいつまでもしつこく引き止める。そんなこともあって、山崎さんは次第にリョウたちの家に泊まっていくようにもなった。リョウもアヤも、優しくて面白い山崎さんのことが、たちまち大好きになった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
りこんのこども

紫原明子

いまや「よくある話」になっている離婚問題。大人の事情で語られることは多いけれど、親の離婚を体験した子供たちは、何を考えているのでしょうか。自身も離婚を経て二人の子供を育てているエッセイストの紫原(家入)明子さんが、子供たちの思いや現代...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

foolsai 素敵な読み物だったけど、なんだか生々しさがなくて、やっぱり私は自分の子ども達にちゃんと話を聞かないといけないんだなと思う次第。 4年以上前 replyretweetfavorite