第7回】知っているだけで成功率アップ! ファスティング(断食)の正しい知識

断食中は水分摂取と、1日3食の栄養を補うための低脂肪乳やジュースなどで過ごす。塩分や糖分の摂取がほとんどないため、舌が敏感になり、薄味でもおいしく感じるように。空腹感と同時に、頭がすっきりとさえる爽快感もある

 正常な味覚、空腹感を取り戻す

断食中は水分摂取と、1日3食の栄養を補うための低脂肪乳やジュースなどで過ごす。塩分や糖分の摂取がほとんどないため、舌が敏感になり、薄味でもおいしく感じるように。空腹感と同時に、頭がすっきりとさえる爽快感もある

× 入浴でさらに効果アップ

血液量が減る傾向がある断食中に、入浴して末梢血管が開くと、脳貧血を起こして倒れるリスクがある。必ずシャワーにとどめよう。またスポーツは無論のこと、坂道を上るなどの運動もできるだけ避けるべき

 内臓を休ませ、免疫を活性化する

暴飲暴食しているビジネスマンなら、胃腸などの消化器官は休ませることになる。一方、体内では生命活動を維持するためのさまざまな変化が起きるので、単純な静養とは全く異なる点をよく理解したい。断食で心と体のリズムを取り戻せれば、自律神経の正常化や免疫力アップなど体質改善は期待できる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ビジネスマンに贈る 人生最後のダイエット

週刊ダイヤモンド

ダイエットが失敗するのはリバウンドが起こるからだ。それを防ぐには減った体重を維持することしかない。無理のない生活習慣の見直しが「人生最後のダイエット」に至る道だ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません