金の話ができなければ、アーティストはひとり立ちなんてできない

深田晃司さんが監督した映画『さようなら』。この作品は、深田さんが共同設立者を務めるNPO法人「独立映画鍋」でクラウドファンディングした資金をもとにして制作されました。「独立映画鍋」は、『さようなら』の原作者である劇作家の平田オリザさんが主宰する「青年団」で深田さんが学んだことも参考にして作られたそうです。今でも青年団の演出部に所属する“弟子”の深田さんと、“師匠”の平田さんの対談。最終回のテーマは、“お金”についてです。

お金のことしか言わないし、内容にはまったく興味がない

— この『さようなら』という映画では、「独立映画鍋」のクラウドファンディングを使い、97万円を調達したそうですが。

深田晃司(以下、深田) そうですね。アメリカの「Indiegogo」というクラウドファンディングシステムも使ったので、総額では140万円ほどです。当然、映画はもうちょっとお金のかかる表現で、『さようなら』の規模でも1日で300万円出ていくので、製作費のごく一部をクラウドファンディングでまかなった、という程度ですが。

平田オリザ(以下、平田) まあ、演劇と比べるとかかるお金がひとけた、ふたけた違うよね。

深田 その高額の製作費をまかなうために、助成金や寄付のシステムをパッチワークして、作品性に応じてお金を集めようという映画作家の互助会が、独立映画鍋なんです。

— 平田さんは、さまざまな著作で演劇の経済性や、そのための法の整備について語りながら、ご自身で30年以上も劇団を運営してきました。もっとも“お金”のことに意識的な作家であるという印象です。

平田 まあ、僕は青年団の演出部の人間にも、お金のことしか言わないですから。作るものの内容なんて、まったく興味がない(笑)。

深田 そうですよね(笑)。青年団の場合は情報の共有も徹底していて、メーリングリストでいつもお金の話が飛び交ってるんです。「こんな大変なんだなぁ」ということは、入ってから初めて知ったことなんですけど。
 青年団に限らず、演劇人の意識の高さには驚きました。僕から見ると、ひとりひとりが中小企業の社長みたいに見えるというか。ちゃんとお客さんを集めて、次につなげていくということをみんな考えてるんですね。自主映画の人間にはまったくその意識がないですから。

— そもそも、小屋をおさえて、定期的に作品を作っていくということ自体が、すごいことですよね。

深田 そうそう。自主映画の場合は、「脚本がうまくできなかったからやめちゃおう」みたいな感じで撮影が止まっちゃう世界なので(笑)。しかも、スタッフとして呼ばれて行ったのに、作品が完成したあとにノーギャラだって知ることもザラだし。なんか、「ドメスティックに貧乏しながら作るのが自主映画だ」ってみんな思ってるところがあるんですよね。

— それでは作品を作り続けられませんよね。平田さんの場合は、演劇を続けるためのサスティナビリティ(持続性)を重視するがゆえに、劇団運営に非常な労力を割かれているわけですが。

平田 そうですね。演劇というものは、作り続けなければ“死ぬ”んです。しかも、集団で作り続けないと、新しいものは作れない。だから、サスティナビリティを保つためのお金の話は、非常に重要ですね。

— 先ほども、演出部の人間には「お金のことしか言わない」「内容なんてまったく興味がない」とおっしゃっていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
演劇VS映画—アンドロイドに導かれた師弟マッチ

深田晃司 /平田オリザ

2010年に上演された世界初のアンドロイド演劇『さようなら』。劇作家の平田オリザさんが、ロボット学者の石黒浩さんと協働で作り上げ、世界中でその革新性が話題になった作品です。この舞台で使われていたものと同じアンドロイドを用いて、映画監督...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Ymjn1969 https://t.co/fkERU0fpiX 4年弱前 replyretweetfavorite

gcyn 『演劇というものは、作り続けなければ“死ぬ”んです。』『だから、サスティナビリティを保つためのお 4年弱前 replyretweetfavorite

golden_wheat ”著作権とはわれわれ芸術家を守る唯一のものであり、反面、われわれが訴えられるきっかけにもなるものでしょう。本当は、こういうことを知っておかないとアーティストとしてひとり立ちなんてできないんです。” |平田オリザ/深田晃司 https://t.co/MfzB7CCFTl 4年弱前 replyretweetfavorite

2k0ri “平田 まあ、僕は青年団の演出部の人間にも、お金のことしか言わないですから。作るものの内容なんて、まったく興味がない(笑)。” 4年弱前 replyretweetfavorite