​空調のダクトは、誰のものなのか?

ただでさえ出だしから遅れた工事。ところがそこにエアコンのダクトの所有権を巡って思いがけない問題が……。

 先生を雇ったり、カリキュラムを作ったり、サイト用の写真を撮ったりと大忙しの毎日だったが、懸案はもう一つあった。

 それは、工事の進捗だ。

 本来の予定の1月5日から10日ほどしてスタートした工事は早々に頓挫した。まず、エアコンのダクトが問題となったのだ。

 僕らのプランは、モールのエアコンを使いつつ、自前のエアコンを最低限併設し、モールがオープンするまでの10時までは自前のエアコンを使い、10時が来たらこれを停止し、そこから先はモールのエアコンを使おうというものだった。エアコンのダクトについては既存のものをそのまま使用し、自前のエアコンもそこにマウントする。フィリピンの電気代は非常に高い上、この最少限度のエアコン施設ですら数百万が飛んだ。なので、これが一番合理的な判断と思われた。

 ところが、モール側が思いがけない無理難題を持ち出した。エアコンのダクトはあくまでモール側の所有物であり、賃貸の一部ではない。したがってその所有権はモール側にある。僕らがこのダクトを使用するのなら、これを買い取れというのだ。

 この時点では、どうやら自前のエアコンとモールのエアコンを併設する案は伝わっていないらしかった。この点は契約時にも懸案として伝えてあったはずだし、僕らが契約した内装工事業者のKさんの図面にも反映されているはずだ。一体何が起きているのだろうか?

 この話を最初に聞いたのはKさんからだったが、実際のところ何が起きているのか正確に把握できなかった。そこで、交渉は僕自身がセブに行くまで待ってもらい、セブ入り早々にモール側とKさんの話を聞いてた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Matsuhiro 日本の常識が通じないこと。英語ができないのは致命的なこと。海外でビジネスをしたい人は、この2点は押さえたほうがいいかな。 4年弱前 replyretweetfavorite