森鴎外『舞姫』を10ページくらいの漫画で読む

森鴎外の『舞姫』は「某省に出仕し海外勤務の官命を受けベルリンの都へ来た男が、貧しい踊り子と恋仲になるも結局はうまくいかず、心の奥に固まった悲しみが残るお話」です。太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知ってる有名すぎる名作を、某妖怪マンガの巨匠のタッチで「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめてみました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
有名文学を10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場

太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめました。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、ストーリーを忠実に再現しつつ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chihare @piyori_ko 10ページくらいの漫画にまとめたものはいかがでしょう? 以下が試し読みです。 https://t.co/rIMy5f62w5 なお、文体の美しさに惚れる、となるまでは10年単位の長い目が必要かと 6ヶ月前 replyretweetfavorite

6iw 最高に読みやすくて、最高にクズな物語だった。高校の国語の教科書に採録されてて、授業中に怒り狂ったことはこの先も多分忘れないだろうなあ 約5年前 replyretweetfavorite

an_shida ドリヤスさんの描くエリスは美しい、美しいね。 約5年前 replyretweetfavorite

yutorinX  原文で読んだ時も思ったけどホントクソ話だよなぁ しかもこれが鴎外の実話とか余計屑だよな。 約5年前 replyretweetfavorite