第6回】断食ルポ 2万人が挑戦した断食道場 最強の減量方法「秘密の作法」

2015年5月2日午前、私は徳島県から淡路島に向かう長距離バスに揺られていた。これから目指すのは、日本で唯一、医学的な指導を受けながらファスティング(断食)を実践できる公的施設だ。自らのぜい肉をこそぎ落とすだけではなく、その後にリバウンドしにくい体質をもつくり上げるという“最強のダイエッ ト法”の秘密を探るべく、大型連休そっちのけでここまでひとりやって来た。


 2015年5月2日午前、私は徳島県から淡路島に向かう長距離バスに揺られていた。これから目指すのは、日本で唯一、医学的な指導を受けながらファスティング(断食)を実践できる公的施設だ。自らのぜい肉をこそぎ落とすだけではなく、その後にリバウンドしにくい体質をもつくり上げるという“最強のダイエット法”の秘密を探るべく、大型連休そっちのけでここまでひとりやって来た。

 「お嫁に行くために痩せようと思っているのかねえ。若いお嬢さんもたくさん来ているよ」

 島内に入り、地元タクシーの運転手さんに案内をしてもらいながら小高い丘を上ってゆくと、オレンジ色の屋根をした2階建ての小奇麗な建物が姿を現す。この「五色県民健康村 健康道場」こそ、年間800~1000人という入所者らが最大20日間にわたってファスティングをする真剣勝負の舞台だ(写真(1))。1週間のファスティングで体重の7%ほどの減量が期待できるという。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ビジネスマンに贈る 人生最後のダイエット

週刊ダイヤモンド

ダイエットが失敗するのはリバウンドが起こるからだ。それを防ぐには減った体重を維持することしかない。無理のない生活習慣の見直しが「人生最後のダイエット」に至る道だ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません