晩酌歳時記

第二回・芹

趣味は酒、特技はおいしそうに食べること、愛読書は飲食店のメニュー、そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。なずな、はこべら、ごぎょう、すずな、すずしろ、ほとけのざ、春の七草あと一つはなんでしょう?

 年賀状に「新春」とか「迎春」とあるのを、内心不審に思いながら育ちました。まだ全然寒い、つーかむしろ雪が降ったりするのはこれからでしょ、なのになんで「春」なのさと。子供心に考えた末、正月はめでたい、めでたいことを春と言うらしい、だから正月のめでたさを喩えて、いわば観念的に「春」の語を使うのだろうと、自分で自分を納得させていました。似たようなことに年末恒例の忠臣蔵があります。テレビドラマだと当たり前のように雪が降っていて、昔は今より寒かったんだな、こりゃ温暖化も騒がれるわけだ、と思い込んでいたけれど。
 あれもこれも間違いだった。そう気づいたのは、俳句を始めてからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません