新訳 世界恋愛詩集

おまえに手を差し込んで」ミケランジェロ

ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ。実は詩人としても多くの作品を残していることをご存知ですか? 晩年に恋した女性に贈った彫刻家ならではの一篇が、菅原さんの超訳により現代に甦ります。
東京ミッドタウンの読書イベント「夜の読書館」などでも話題を集める詩人・菅原敏さんが、古今東西の恋愛詩に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


かつては俺も
大理石に手を差し込んで
美のすべてを
ありのままに取り出した
優れた芸術家が
その英知に導かれるように


かつては俺も
美しいおまえに
この手を差し込んで
取り出すことが出来た
俺の痛みを和らげる やさしさ
小さくても輝く しあわせを


だが もはや この手では
望むものなど 何ひとつ
取り出すことは出来ないだろう


石の微笑 砕けるのは運命
頬が覚えている 涙の跡
それでも愛は 責められるべきではない


おまえのなかに
マリアの慈悲が
秘められていることも知っている
だが 今ではもう
燃え尽き 煙をあげている
俺のおろかな才能は
終わりのかけらを すこしずつ
取り出すことしか出来ないのだから




「おまえに手を差し込んで」

ミケランジェロ・ブオナローティ(1475〜1564)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

queenpp2012 めっちゃたぎるミケランジェロの詩 3年以上前 replyretweetfavorite

8kotty8 久しぶりの恋愛詩集は、ミケランジェロ。彫刻家っぽい表現だなぁ。 3年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 ミケランジェロ先生…!あのコロンナ宮の貴族コロンナ家の未亡人と恋仲だったのか…!なんかウットリ https://t.co/GiqLfLbixh 3年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 『おまえに手を差し込んで』ミケランジェロ https://t.co/J4N0LpGsiD 連載、再開です。ルネサンスの巨匠、ミケランジェロが残した一篇を自分なりに超訳しています。 3年以上前 replyretweetfavorite