日本は「世界の劣等生」?

かつて急激な成功を遂げて海外から注目された日本は、今やビジネスや経済、国家経営の世界において、失敗例のお手本として研究される「世界の劣等生」となってしまいました。その原因とは一体なんなのでしょうか? 以下は、May_Romaさんの新刊『日本人の働き方の9割がヤバイ件について』からの抜粋です。

日本は今や失敗例のお手本として研究されている

日本が失われた年を経験した現代において、日本独自の働き方や経営手法を真似すれば成功すると考えている単純な人々は、皆無といっていいでしょう。日本というのは、ビジネスや経済、国家経営の世界において、今や失敗例のお手本として研究されている「世界の劣等生」なのです。

以下の図は、イギリスの経済雑誌である「エコノミスト」に掲載された、地域ごとの株式のリターン(収益)の比率と、純利益の比率です。前者は、同じ金額を株式に投資した場合、どの程度の収益が得られるかを示しています。2004年も2014年も、同じ金額を日本、EU、アメリカの株式に投資した場合、収益が得られる割合が最も低いのは日本です。つまり日本の株式に投資すると損だという意味です。後者は、企業がビジネスに投資した場合の、地域別の純利益の割合を示しています。株式と同じく、日本に投資した場合、純利益を得られる割合は最も低いのです。

今や日本が海外のテレビや雑誌で取り上げられるのは、黄色い声で騒ぐ小学生ぐらいのアイドルに熱狂する中年男、温水が出る便座、高速鉄道、農家を襲う凶暴なニホンザルのような、エキセントリックな話題がある時と、日本企業や政府の失敗に関することくらいなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tadashiumemura 効率良く仕事をして早く帰る社員よりも、とくに仕事もないのに上司と仲良くサービス残業する社員を評価する社会 8ヶ月前 replyretweetfavorite

U99sxk 他の職場での経験やノウハウを転職者から得るっていう考え方が目から鱗でした。  8ヶ月前 replyretweetfavorite

hokama_hideyuki 【】 ↓激しく同意。そうだよね。なので、会社員ってなんだかなと思ってしまう。 『今や多くの先進国では、会社というのは、働く人々が短期間の間に集まって何かをやる場に過ぎなくなってきています。 これは、例… https://t.co/SM9kxrNAbV 1年以上前 replyretweetfavorite

k_tsuru 劣等生(*´▽`*)。 1年以上前 replyretweetfavorite