第4回】1000人に1人が重篤? 知られざる痩身医療の世界

カネは掛かるが楽に脂肪を取り除け、努力が嫌な人にはぴったりの痩身医療──。最近は脂肪吸引だけでなく、冷却して脂肪を死滅させる新手法も普及してきた。その最前線を追った。

 痩身医療と聞いて、多くの人が、まず思い浮かべるのが、脂肪吸引だろう。直径2~3ミリほどの吸引管(カニューレ)を腹部などに挿入し、脂肪を吸い取る。


 脂肪吸引の歴史は1921年に始まる。初の手術はフランスで行われ、スプーンのような機器で女性の太ももの脂肪をかき出すという荒っぽいものだった。しかも手術は大失敗。女性の脚は壊死(えし)し、切断する羽目になった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
怪しくも気になるグレーゾーンダイエット

週刊ダイヤモンド

減量に近道はない──。だが、少しでも楽をしたいのが人情だ。科学的根拠が完全でなくても、効果があるなら試したいと、グレーゾーンのダイエットを実践する人は後を絶たない。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません