リストラ最終決戦②  会社の思い通りにはならない

美沙たちが会議室に集まって決起集会をしていた時、裏では村井常務と越野部長がリストラの相談をしていた。いったい誰を切って、誰が残るのか。上司の胸1つで決まるのだろうか? この小説はひとりの崖っぷちOLが会社を変えるまでを描いた新感覚のビジネス小説です。

営業部員全員が会議室に集まって話し合っていた中、帰宅したと思われていた越野は25階の役員室の一室で常務の村井と向き合っていた。

「越野くん、とりあえずリストラ候補をひとりは選定できたのかね?」

「はい。自ら子会社へ異動するという人間がいましてね」

「そうか。だが、状況が変わった」

「変わったと言いますのは?」

「始めは単に不要な営業陣を選定しろ、という話だった。まぁ一人飛ばせばなんとかなると思っていたんだが、予定より早くサンムバルンと合併が決まった。いまは非常事態だろう。この先どうなるか私もわからない」

「更なるリストラ、ということですか?」

「あぁ、そういうことになるだろう。それも一人では足りない。サムバルンの連中が来る前にある程度の会社のスリム化を進めておかなければならない」

「それはなぜですか? サムバルンが来てからリストラをした方がやりやすいのではないでしょうか」

「合併後に首切りをしたら、サムバルンの評判が悪くなるだろう。今後サムバルンに身売りする企業もなくなるかもしれない。これはサムバルンからの極秘の通達でもあるんだ」

越野の顔が曇った。もう既に村井はサムバルン側の人間といっても大きな違いないだろう。越野は、ひとり損な役目を引き受けたという顔をしている。村井はそんなことは見越した上で話を続けた。

「前任の坂井は、営業を再生させる手腕も名高かったが、コストカッターとしても有名だった。あいつを外部から雇って部長の地位につけたのは、部員の首を切る目的もあったんだ」

知り得ない事実に越野は驚きの表情を隠せない。

「だが、まったく役に立たなかった。こちらの指示を無視し続けた。だからあいつは切った」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiponyo 公開されました!|[今なら無料!]キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている 4年以上前 replyretweetfavorite