宇宙掃除

世界に宇宙ゴミの問題を伝える

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信さん。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

僕は宇宙ゴミの問題を早く世界に伝えなきゃ、飛び回らなきゃと思った。

全然知られていないこの問題も 、地球温暖化問題のように政治も一般人も巻き込んだムーブメントにできないかと思っていた。

まず周辺の人に話し始めた。面白いと思ってくれた友人が、何人かを紹介してくれた。


会社を設立して9ヶ月ほどたったころ4つの講演の機会を頂いた。
–Asia Leaders Summit (日本とシンガポールの起業家や投資家向け)
–SSAシンポジウム(宇宙業界向け)
–Start up Asia(アジアの起業家や投資家向け)
–TED x Tokyo(世界向け)


当時の僕には十分な機会だった。問題はすべて英語だったこと。英語は話せるけどいつも500語くらいしか使っていない。

技術用語を使わずに、一般の人にも分かりやすく、そして思わず友達にも話したくなるようなスピーチってどうしたらいいだろう。イギリス人のコーチをつけて、言葉の選び方や間のとり方など、アドバイスをもらった。

練習のおかげか、僕の講演動画は何度もネット上で再生された。英語でチャレンジして良かった。世界中に伝えるいいきっかけになった。

その後、ASTROSCALEの活動はものすごいスピードで世の中に広まっていった。英字の新聞・雑誌に掲載され、それから日本の新聞・雑誌にも派生した。

今、僕は2週間に一度は世界のどこかで話している。アメリカ、中国、フランス、ドイツ、イスラエル、ロシア、日本、シンガポール・・。ひと月に3回も4回も機内泊するのは大変だけど、エコノミークラスでの寝方もうまくなった。

人の3倍働く。技術に100%、売上と資金繰りに100%、コミュニケーションに100%。合計300%!これが僕の時間割。それでいいのだ。

鋭い指摘・非難を受けることもある。必要な専門知識は多岐に渡る。まだ隅々まで勉強し尽くせていない。凹む。でも知らないままより、話して非難を受けたほうがいい。学べるから。

肉体的・精神的なしんどさよりも感謝の気持ちが大きい。この問題に共感する人が増えることへの喜び。講演会場も、数十人から100人規模へ、1000人規模へと大きくなってきた。講演後に「私は何をしたらいいでしょうか」と聞いてきてくれる人もでてきた。人の見る目も変わってきた。


僕は50mプールいっぱいに入った味噌汁を、爪楊枝でかき回し始めたようなものだ。1回回しても何にもおこらない。10回回すと小さな渦ができた。100回回したらなんとなく、止まらない渦ができ始めた。

1000回、10,000回にしたら?大きな渦ができるんじゃないかな。

毎回全力投入。講演の内容は毎回変える。話す相手の仕事、年齢、国籍などによって興味は違うのだから。

講演をするとき、いつも頭の片隅に思う女性がいる。

自動車のワイパーを発明したメアリー・アンダーソン。雨や雪の日に手で掻くのは危ないと考えた。1903年に特許を取った。でも、自動車メーカーはどこも相手にしなかった。むしろ、気が散るから危険だとすら言われた。

当時は車の台数は少なく、「速い」ことこそが車の真骨頂だった。安全が謳われるようになったのは、1950年代のことで、シートベルトもその頃だ。今は車の数が多く、ワイパー設置は法律で定められている。

宇宙もまた同じだと思ってる。

地上には車の交通管制システムがある。
海には船の海上交通管制システムがある。
空には飛行機の航空交通管制システムがある。

なのに、宇宙には衛星・宇宙ゴミの交通管制システムがない!

ロケットの値段が下がっている。衛星開発コストが下がっている。より多くの国が衛星を持ちたいと思っている。インターネットも宇宙経由になる。宇宙の交通は、衛星やゴミのせいで加速度的に混雑する。

高速道路で車が事故を起こしたらもちろん撤去する。高速道路には法律も、通行料も、保険も、パトロールカーも、クレーンもある。

なのに、衛星の高速道路である「軌道」には何もない。だから僕たちASTROSCALEは宇宙のJAFになろうと思っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙掃除

岡田光信

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信氏。彼が取り組んでいる宇宙のこと、彼が体験しているわくわくするような体験を、エッセイで毎月お伝えしていきます!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KS_1013 私も少しだけお手伝いした宇宙デブリ除去のベンチャー企業であるASTROSCALEの岡田さんの記事。この事業にかける思いが伝わってくる。 約3年前 replyretweetfavorite

telstar_news "スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去するために、ASTROSCALEという会社を立ち上げた岡田光信さん" 約3年前 replyretweetfavorite