負ける技術

IT革命と相撲

インターネットの普及によって、引きこもりになったり、アップした作品の感想をもらったり、荒らしによる誹謗中傷を受けたり。著者がインターネットから受けた影響とそこから生まれた心情が、リアルに語られます。リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレー沢薫が送る、したたかに生きる日々を綴ったエッセイ。好評発売中の『負ける技術』文庫化を記念して、一部を公開します。

IT革命と相撲


このエッセイを書くにあたり「IT革命と私」というテーマをいただいたのだが「別に相撲について書いてもいい」とも言われた。

つまりこれから好きな決まり手について殴られるまで語っていい、ということなのだろうが実はITと同じくらい相撲には詳しくない。

ではいったいなにに詳しいのだと聞かれれば、なににも詳しくない。昔から学がないというか、目の前にベルトコンベアーがあったらなんのためらいもなく巻きこまれていくであろう無知無教養ぶりなのである。

よって、テーマがITだろうが相撲だろうが「あれはやばい」程度のことしか言えないので最初与えられたテーマ「IT」について曖昧なことを書きたいと思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
負ける技術

カレー沢薫

一世を風靡し、チヤホヤされていた人間が、不祥事を起こした途端、袋叩きに遭う様はもはやおなじみの光景。そんな厳しい現代において、著者が推奨する「負けるが勝ち」の生き方とは。リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント