負ける技術

会社を辞めるかブタ箱か

ホワイトであることをアピールするブラック企業、面接での「なぜ前職を辞めたのか」という質問……兼業漫画家・カレー沢薫さんの転職活動で立ちはだかった様々な壁とは? リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレー沢薫が送る、したたかに生きる日々を綴ったエッセイ。好評発売中の『負ける技術』文庫化を記念して、一部を公開します。

地味に困る質問

現在の会社へ入社するまでに、受けた面接の数は5回。

どれもわりと普通の内容で、小指の有無を問うようなアバンギャルドな面接はなかった。大半は志望動機、自己PR、あとは面接官が業務内容を説明して終わりである。

自己PRについては、短所だって逆に言えば長所になるので(根暗もよく言えば「クール」だ)、短所の数だけ長所があると言っていいだろう。つまり私には3億個くらい長所があるということになり、別段困ることはない。

だが、地味に困る質問が「前の会社を辞めた理由」である。 「一身上の都合」は人それぞれだが、ポジティブな理由で仕事を辞めた奴がそうそういるとは思えない。少なくとも半分は、なにか腹に据えかねて辞めたのではないだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
負ける技術

カレー沢薫

一世を風靡し、チヤホヤされていた人間が、不祥事を起こした途端、袋叩きに遭う様はもはやおなじみの光景。そんな厳しい現代において、著者が推奨する「負けるが勝ち」の生き方とは。リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kabothomas 「面接で地味に困る質問が「前の会社を辞めた理由」である。 ポジティブな理由で仕事を辞めた奴がそうそういるとは思えない。少なくとも半分は何か腹に据えかねて辞めたのではないか」 1年以上前 replyretweetfavorite

kusatta_yorke ほんとこれすき ブタ箱入る前にちゃんとしなきゃ。。。 2年弱前 replyretweetfavorite

redmelonpan それね。ところでPVって何の略? https://t.co/vbdNN7wM5j 2年弱前 replyretweetfavorite

rosia29 cakesの選り抜き負ける技術配信されてます! 2年弱前 replyretweetfavorite