負ける技術

なぜこれほどバーベキューが憎いのか

一世を風靡し、チヤホヤされていた人間が、不祥事を起こした途端、袋叩きに遭う様はもはやおなじみの光景。そんな厳しい現代において、著者が推奨する「負けるが勝ち」の生き方とは。リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレー沢薫が送る、したたかに生きる日々を綴ったエッセイ。好評発売中の『負ける技術』文庫化を記念して、一部を公開します。

100%美容院で会話を回避できる方法  


人見知りする人間にとって、美容院は古より戦いの場である。

一生懸命美容師のトークに答えようとした時期もあったが、金を払ってる側のすることではない、あまりにも自由じゃなさ過ぎる、という結論に達し、美容師のトークをいかにカットするかに情熱を捧げるようになった。

まず雑誌に集中するのは基本である。それもファッション誌ではなく女性週刊誌、そしてできれば一番卑猥なページを熟読することをお勧めする。

これで美容師のほうにも「邪魔をしてはいけない」ということが伝わるであろう。自分は一回ニンテンドーDS持参で行ったことがあるが、相手は完全に引いていた。どうやら本気を出し過ぎてしまったようだ。

だが、どれだけバリアを張っても話しかけられることはあるだろう。その際はすべての質問を、はい、いいえで答え、会話が広がる要素を断ち切ろう。

また、9割方の美容師が聞いてくる「今日はお仕事お休みですか?」の質問には、たとえ働いていようと「無職です」と答えれば、言葉を失ってくれること請け合いである。

ちなみに自分はリアル無職の時、美容院に行き、シャンプー、カット、パーマでいちいち美容師が交代するため、仕事のことを3回聞かれ、「無職です」と3回答えさせられた。

さすがにもう、そこには行っていない。

なぜこれほどBBQが憎いのか

4月8日の日曜日の朝、突然夫から「花見に行こう」、と言われ私は飛び起きた。

「四季がない」でおなじみの私に(9月から冬が始まり7月に冬が終わる)、そんな提案は寝耳に水である。自分の人生の節目において、“大量の花”が咲いてもないのに散っていったことは確かだが、だからこそリアルな桜はもういいだろうと思っていた。

しかし、「そんなことより『桃鉄』を99年分やろうぜ」というのも、春の晴れた日には忍びなく、「4ページ中ゲロを吐いているオチが2ページ」という漫画のネームを描き終えたあと、夫と二人で花見のできる公園へ向かうことにした。

さすが花見日和の休日、いつもの駐車場は満車と踏んで特設駐車場に入ると、管理のおっさんが開口一番「400円」、である。

そして公園に入ると、満開の桜。その下にブルーシートの海であった。 「桜は日本人の心」と言いながら、その下でカルビをジャンジャン焼いてしまうのも日本人である。花見BBQをしている団体のなんと多いことか。

私はおそらく前世で火あぶりで処刑されたうえに、焼き肉のタレで食われているのだろう。リア充の行為の中でも、特にBBQを憎んでいるのである。

もちろん楽しそうで羨ましいから憎んでいるのであるが、いざ自分がそのBBQに参加してみると、びっくりするほど楽しくないのだ。準備や後片付けが面倒くさいからではない。その準備や後片付けの輪にさえ、イマイチ入りきれないからである。

おそらくリア充のDNAには「BBQ楽しい」と書かれており、対するこちらには「焼き肉1980円食べ放題」と刻まれているのだ。一生消せないばかりか、子孫にも受け継がれることだろう。

やはり来るんじゃなかった。と夫のほうを向き直ると、彼はコンビニで買った500mlの缶ビールに焼き鳥、花見というよりは河川敷スタイルで、着古した仕事用ウインドブレーカーには「JA」と書かれていた。

もちろん今から桜の下を陣取ろうとするタイプではない。むしろここでいいと、花からだいぶ離れたベンチに着座、ビールと焼き鳥をオープン。目の前には花見だというのに「ダイエット中だから」と栄養補助食ビスケットを食っている、殺していいタイプの嫁。

端から見ると恵まれていないにもほどがある(特に連れている女のグレードが低い)のだが、彼は特に「良い場所とってBBQしてる奴死ね」などとほざくわけでもなく、昼間からビールが飲めるなんて贅沢だ、と言っていた。

むしろ他の花見客のことなど見ていない様子であり、自分は他人と比べるからなにをしてもみじめな気持ちになるのだ、と夫を見て少し反省した。そしてビールを飲み終わった彼は立ち上がると、「今度うちの親兄弟たちとこういう所でBBQしたい」と言い放った。

こいつのDNAにも「BBQ楽しい」と書かれている。敵だ。

目指すべきは、“いかに負けるか”。現代を生き抜く必読書、ついに文庫化です!

この連載について

負ける技術

カレー沢薫

一世を風靡し、チヤホヤされていた人間が、不祥事を起こした途端、袋叩きに遭う様はもはやおなじみの光景。そんな厳しい現代において、著者が推奨する「負けるが勝ち」の生き方とは。リストラ、派遣切り、ハローワーク通いを経験した異彩の漫画家・カレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

def_rika 美容室で話しかけられないためにニンテンドーDS持参で行ったことがあるが、相手は完全に引いていた。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

hi_ramasa 美容室で喋りたくない問題については、カレー沢先生から「DS持参」という荒業が提示されている。職業聞かれたときに黙らせる技も。さすが御大。 https://t.co/6RIMtDkCaM https://t.co/r38ZeRazT8 12ヶ月前 replyretweetfavorite

nekometarou1 カレー沢流「処世術」(使える人間は限定される) 約2年前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 燻製作り。BBQ脳の対極にある孤高・極北の独り遊び。自分で作った燻製を自分で食べる時、舌は満足。脳は強い寂寥感。カレー沢様も是非(←余計なお世話か)。 2年以上前 replyretweetfavorite