天才のつくり方

第14回】さまざまな国籍の人が、混ざり合う社会が心地いい。

日本とアメリカの間には、大きな不平等がある。それを是正するためには、英語を習得することが不可欠だ。自ら、学術研究の世界で英語の強大な影響力を感じてきた茂木さんは、英語を習得する必要性を主張してきた。しかし、それは時に「欧米礼賛主義者」だと批判されることもあり――。

英語の影響力を認めるのは、欧米礼賛主義?

茂木 国内にinequality(不平等)があると、恵まれない人のセルフ・エフィカシー(自己効力感)が高まらないというもの大きな問題なんだけど、おれは、もう一つ気になっていることがあるんだよね。それは、日本とアメリカの間にあるinequalityのこと。これが、日本人のセルフエフィカシー(自己効力感)を下げてるんじゃないかと思う。もうね、日本人、諦めてんの。

北川 えっ、そうなんですか。

茂木 そうだよ。Google、Facebook、Twitter、Appleみたいな、世界にプラットフォームをつくれる企業が、日本から生まれることはもうないって思ってるんじゃないかな。

北川 うーん、ありえないとは思いませんが……

茂木 アカデミア(学術界)だって、ハーバードの先生が日本に来てレクチャーする場合と、東大の先生がアメリカに行ってレクチャーする場合には、明らかなinequalityがある。日本と、世界のパラダイムを握っているイングリッシュスピーキングのsociety(社会)の間には、ものすごいinequalityが放置されてる。これを解消しないと、日本は救われない気がする。

北川 そうですね。

茂木 北川みたいに日本からアメリカに行って活躍している人が媒介になったり、日本企業がアメリカに進出してプラットフォームを構築したりできたら、それはひとつのinequalityの是正になると思うけどね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

junmk2 @nogutaku いまこの連載読んでるんだけど、北川さんって去年の夏から楽天で働いてるのね。 https://t.co/VTcysidDVR 約5年前 replyretweetfavorite