リストラ最終決戦① 最後に生き残ったのは誰か

いよいよ、最終的にリストラ候補を絞った所に降って湧いたような衝撃的なニュース。仕事とは?を問い続けて来た1年間。ダメ営業部員の浅井美沙が覚醒をする。この物語は、ひとりの崖っぷちOLが会社を変えるまでを描いた新感覚のビジネス小説です。

—1年後

「いってきます」

「あっ、浅井さんも出るんすね。僕もちょうど出るとこなんで一緒にいきましょう」

慌てて背広を袖に通しながら草加が言った。

「じゃあ、エレベーターの前にいるね」

美沙はホワイトボードに“トッキン”と記載しエレベーターホールへ向かう。エレベーター到着のタイミングで草加が現れた。

「お待たせしました。おっ、ナイスタイミング」そう言って草加は美沙に続いて駆け足で乗り込む。

「浅井さん今日トッキンの搬入っすよね」

「うん。草加くんはミツカワの搬入でしょ?」

「はい」

「じゃ今夜ね」

「そうっすね」

草加と別れた美沙は千代田線へと軽快に進んだ。新調したばかりのハイヒールが美沙の気持ちを軽やかにしていた。お気に入りのものを身につけているだけで気分が上がるのが女子だ。

トッキンの担当になったのは半年前の夏だった。あのときは暑くてハンカチが手放せなかった。あれからもう50回は降り立っていた。多いときには週4でトッキンに通った。改札を出ると既にエンジニアの春野の姿があった。

「おはようございます、春野さん」

「おはよう。今日はいい天気で気持ちがイイな」

「はい」

天気なんかに左右されたくはないと思いつつも、やはり天気がいいと気分も上がるというものだ。

青空の下、世間話をしながら歩くこと20分。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiponyo 公開されました!|[今なら無料!]キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている 4年以上前 replyretweetfavorite