それでも僕は、外科医をやめない

女子のイケメン好きは治るのに、男の面食いは一生治らないらしい

世の中の全女性を敵に回してしまいそうな今回の記事。誰もあえて口にしない男の闇深い病理について迫ります。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

今回は人類に潜む、「容貌コンプレックス」という病理に迫ります。

結論は、「男の面食いは一生治らないから、無理して治そうとするよりも、今美しく、さらに美しくいつづけようと努力する女性を見つけるべきだ。」です。うーん。

さて、私の独身こじらせ友人(34)が最近付き合いだした女の子がいました。彼はかなりの面食いなんですが、その割に彼女はそうでもなかったのです。周りの友人はみな、「この恋愛は上手くいくのだろうか」とハラハラ見守っていたのですが、案の定1ヶ月で破綻。彼はひどく落ち込んでいました。

そこで我々こじらせ男子一同は彼を慰めるべく、「臨時国会」ならぬ「臨時こじ会」を招集しました。

まずは面食い氏の所信表明演説が、厳かなムードの中始まりました。

「第百八十回臨時こじ会に当たり、謹んで所信を申し上げます。面食い大臣として生を受け早や30余年、この間私を突き動かしてきたのは、自分を含むこじらせ男子の将来を憂える危機感です。」

「長い」「面食い大臣てなんだよ」野党からはコジ、いやヤジが早くも飛んでいます。

「この国家の明日への責任を果たすため、私は面食い大臣の辞任を表明いたします!もう美女はたくさんだ!という不退転の覚悟で、それほど美しくなく好みではない子と付き合ったのです。こうして、ここにいる全こじらせ男子の代表たるこじ会議員の皆さんに先鞭をつけるべく全力で付き合った結果、1ヶ月で別れるという結果に相成りまして候」

あまりの寒さに、ヤジもなく静まり返っています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

SiouxsieQ5 |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro 面食いの人は一生面食いだよな…はぁ。。 https://t.co/o5tE4hlUA0 約4年前 replyretweetfavorite

3rd_hole 林さん https://t.co/BKAPBC3QEY と同様の恋愛話。 約4年前 replyretweetfavorite

wiillow_ 「TTID(This time it’s different)」、分かる 約4年前 replyretweetfavorite

ao8l22 ウッ吐きそう 約4年前 replyretweetfavorite