もし「東京カレンダー」の綾がパリジェンヌだったら

今ネットで話題の「東京女子図鑑」という記事を読んだ中村綾花さん。記事内に出てくる、東京で生きる主人公の女性の生き様に、かつて自分が東京で感じていた息苦しさを思い出したそう。一方、現在中村さんが住むパリに暮らす人々は同じ大都会でも様子が違います。両者を経験して見えた幸せな生き方とはどんなものなのでしょうか。

「パリジェンヌ図鑑」は作れるか

最近インターネットで話題になっている「東京女子図鑑」という記事をご存じでしょうか?

「東京カレンダー」という雑誌のWEB版で連載されているもので、「綾」という東北出身の架空の女性が、アパレル業界に就職のため上京したことから始まるストーリー。彼女がキャリアを重ねていくのに合わせて東京23区内で引っ越しが繰り返され、そのエリアごとのレストランの紹介へとつながっていきます。

そのストーリー展開に、パリにいる私もついつい黙っていられない気持ちになってしまいました。東京砂漠に住んでいたときのなんだか重苦しい空気を思い出させてくれたからです。

まず綾が東京での生活をスタートしたのが三軒茶屋。彼女はこの街を「庶民的で気に入ってる」と言っていたものの、東京にも慣れてきた28歳の時に、合コンで出会った男性陣から「え? 三茶に住んでるの(笑)」と言われ、恵比寿へ引っ越します。

三軒茶屋より洗練されているという恵比寿で「東京の女が板についてきた」と言う彼女は、仕事の方も順調に外資系へ転職し給料UP。しかし、転職先で女性上司に「(恵比寿は)若いお姉ちゃんたちが住んでる街ね」と笑われたことを理由に銀座へ引っ越します。

さらに34歳になった綾は結婚して豊洲へ……と引っ越していきます。

この記事が物議をかもしている理由は、あまりにも上手く行きすぎている綾の人生と、「結婚は『する』と決めたら簡単なんです。イス取りゲームで一人だけあぶれてしまう恐怖に比べれば」のような、終始語られる彼女の強気な本音が主な原因のようです。

たしかにツッコミどころは多いとはいえ、街の特徴や空気、そこに住む人の描写をはじめ、まるで他人ごとではない彼女の言動のリアルさが共感をよんでいるのだと思います。

記事を読み進めていくと、綾みたいな人が身近にいそうな気すらしてきます。一方、同じ大都会であるパリでこういうストーリーってつくれるんだろうか? と気になりました。

考えてみたのですが……、パリジェンヌではこうした型にはまったストーリーって、想像ができないんです。

パリの街は20区まであり、1〜20まである区の数字がそのまま区の名前になっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

EtsukoT Ayaka Nakamuraさんの最新cakes記事です! https://t.co/upeZHqAGPQ https://t.co/eCeqb11l0C 約1年前 replyretweetfavorite

yuki_kou_ "他人ごとではない彼女の言動のリアルさが共感をよんでいる"?? このひとほんとに東京に住んでたんだろうか? 約1年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/lQjaedGXYA 三軒茶屋だと「え? 三茶に住んでるの(笑)」になるけど、 世田谷区って言うと「なんとなくエリア全体が高級っぽいイメージ」になるのは、なんでだろう…? 約1年前 replyretweetfavorite

uekky みんななんだかんで言って綾のことが気になっちゃってるんだな その2 約1年前 replyretweetfavorite