​『ヴィジット』 問題児シャマランが映画の境界線を飛び越えた

数々の話題作、問題作を撮り続けているM・ナイト・シャマラン監督。彼の最新作『ヴィジット』は、ホラー映画であるのみならず、さまざまな要素が盛り込まれた内容となっています。その魅力や、面白さをブロガーの伊藤聡さんはいかに読み解いたのか?

99年のヒット作『シックス・センス』で知られる、M・ナイト・シャマラン監督の新作ホラー映画が『ヴィジット』である。ここ数年、いまひとつ本調子ではなかった彼だが、本作によってほんらいの輝きを取り戻すことに成功したといえるだろう。制作費に1億5千万ドルを投じた『エアベンダー』(’10)、1億3千万ドルをかけた『アフター・アース』(’13)を経て、本作は、5百万ドルという低予算で製作された小規模の作品である。

『ヴィジット』は、初めて会う祖父母の家を訪ね、そこで一週間をすごすこととなった姉弟の物語だ。映画監督志望の15歳の姉は、祖父母の家にカメラを持参し、ペンシルバニアの田舎町を撮影してまわる(作品は、姉弟の持ち歩くハンディカメラで撮影した映像として提示される)。当初は親切におもえた祖父母だったが、姉弟は夜中に響き渡る不気味な物音を耳にし、家全体からただならぬ不穏を感じ取っていく──。

まずは、このような新鮮さに満ちたフィルムに出会えたことの快哉を叫びたい。映画に意外性と新しい発見を求める数多くの観客にとって、『ヴィジット』は、もぎたて果実のごときフレッシュさを持つ作品である。あまりに自由度が高く、ユーモアにあふれ、無数のアイデアに満ちた本作は、結果的に、あらゆる場面がサプライズの連続となっている。恐怖/笑い/驚きといった感情の揺れは、ひとつの物語のなかでシームレスに共存可能なのだとあらためて確認させられる作品だ。

先ほど便宜上「ホラー映画」と説明したが、『ヴィジット』はジャンル分けが難しい。恐怖を感じさせると同時に、すぐれてコメディ映画的であり、子どもたちの抱えたカメラが撮る映像はドキュメンタリーのようでもあり、その物語全体からはサスペンスの構造を見て取ることもできるためだ。それらすべての要素は、94分の上映時間を通して観客を魅了しつづける。何と豊かなフィルムかと圧倒されるばかりだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 "日常が「ほんの少しだけ」歪んでいる、その微細な違和感"なんて恐ろしい感覚…久しぶりにシャマラン映画を観たくなった。→ 5年弱前 replyretweetfavorite

tnbk_1977 ほんと、あの隠れんぼのからのお尻半分丸出しは最高のシークエンス。 5年弱前 replyretweetfavorite

consaba 『ヴィジット』 問題児M・ナイト・シャマラン監督が映画の境界線を飛び越えた| #eiga 5年弱前 replyretweetfavorite

campintheair 『ヴィジット』。日本中のシャマラニストが快哉を叫び、ラストシーンで歓喜と絶頂へと導かれた、自由闊達でユーモラスなフィルムだと思います。ホラー映画という枠を取り外して、まっさらな気持ちで楽しんでほしいです。ふふふ。 https://t.co/KrTuXGlBhH 5年弱前 replyretweetfavorite