第10回】運輸業界~距離置く佐川と疲弊の日本郵便 いずれアマゾン自身も参入か

運輸業界では、規模の大きいアマゾンとの取引維持を願うがあまり、採算上の無理、現場の疲弊などのゆがみが出始めている。日本郵便の労働組合幹部は「アマゾンは配れば配るほど赤字のはず」と指摘。「そもそもアマゾンの物流を担うだけの体制ができてないから現場は大混乱だ」という。記事と2本のコラムから、運輸業界の現状が浮かび上がってきた。

 「最近、佐川急便は不採算な顧客を切る動きを加速させている。その一環でアマゾンの東日本地域の扱いも取りやめた」

 ある運輸業界関係者はこう漏らす。その発端は、佐川がアマゾンに値上げを打診したことだったという。下請け業者によると「佐川は平均で200円超の料金のところ、1割以上の値上げを持ちかけた」というのだ。

 大幅値上げを提案すること自体「アマゾンに断られることを前提で切り出したとしか思えない」。

 つまり、実質的には佐川のほうから手を引いたといえる。佐川がアマゾンとの付き合いを考え直すのも無理のないことだ。

 多くの運輸業者が、規模の大きさ故に、アマゾンとの取引を続けてきた。しかし、その取引を維持したいと思うがあまり、採算の上で無理をし、現場が疲弊するなど、大きなゆがみが出始めている。

 日本郵便もその一つだ。アマゾンとの料金は本社のトップ交渉で決まり、支社、支局レベルには全く数字が開示されていない。

 労働組合幹部は「労使協議で採算状況を問うても、一切答えない。アマゾンは配れば配るほど赤字のはず」と指摘する。「そもそもアマゾンの物流を担うだけの体制ができてないから現場は大混乱だ」という(コラム-1「日本郵便の現場を悩ますアマゾンの“大きさ”問題」参照)。

 今、一部の郵便局ではひそかに「計画配送」と称して、休日中に配り切れない郵便物、例えば、クレジットカードやキャッシュカードなどの配達を後回しにして、アマゾンを優先する措置が取られている。

 “計画配送”を行っている東京都と埼玉県の郵便局員は、「銀行や信販会社から高い料金をいただいている書留や特定記録郵便が、価格の安いアマゾンの配達の後回しになっているなんて、ばれたらどうするのだろう」と口をそろえる。

うわさされる自社配送網
運輸業者は下請けへ

 これだけ、運輸業界がアマゾンに必死になって食らい付いているのは、今以上にアマゾンが成長するかもしれないという期待があるからだ。しかし、実はアマゾンにはしごをはずされる可能性がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
楽天vsアマゾン 日本で勝つのはどちらだ!!【3】~バトルで加速する産業崩壊

週刊ダイヤモンド

楽天とアマゾンの熾烈な戦いの結果、価格や送料は下がり続けている。その波は他の業界にも及び、秩序を破壊しつつあるのだ。家電、出版、ファッション、運輸などは壊滅的な打撃を受けそうだ。※この連載は、2012年12月15日号に掲載された特集を...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

AquaCeleste 思い..出した。%「銀行や信販会社から高い料金をいただいている書留や特定記録郵便が、価格の安いアマゾンの配達の後回しになっているなんて、ばれたらどうするのだろう」 https://t.co/K5nOwYM01e 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kesela5516 1個当たり200〜300円で配送してたという事?そんなの配送会社が赤字になるに決まってる。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

toronei また日本郵便の不在再配達システムが、アマゾンの大量配送の仕組みにあってもいないんだよな。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

KCin_Tokorozawa 本当なら郵便法違反では? > https://t.co/8O148cft6x 「銀行や信販会社から高い料金をいただいている書留や特定記録郵便が、価格の安いアマゾンの配達の後回しになっているなんて、ばれたらどうするのだろう」 12ヶ月前 replyretweetfavorite