インフルエンザになったら病院に来るな? 超ロジカルなアメリカの医療現場

そろそろインフルエンザが流行りだす季節。アメリカに住む渡辺由佳里さんは、ある時インフルエンザにかかって病院に行ったら、医者に叱られてしまったそう。なぜ病気にかかっているにもかかわらず、病院に行ってはいけなかったのでしょうか? そこにはデータとエビデンスを重要視するアメリカ医療の事情がありました。

医療コストが日本より断然高いアメリカ

そろそろインフルエンザが流行りだす季節なので、今年も予防接種を受けてきた。

しかも、病院ではない。薬局チェーンのCVSで、買い物のついでにだ。以前は病院で受けていたのだが、予約が必要なので面倒になり、昨年から薬局を利用するようになった。

アメリカでは医療保険に入っていたらインフルエンザの予防接種はたいてい無料で、低所得で保険に入れない人に無料で予防接種を提供するシステムやチャリティも各地にある。

なぜ予防接種でこんなに厚遇されるかというと、接種を受ける人が多くなればなるほど、大流行を予防できるからだ。

インフルエンザが大流行すると、免疫性疾患などの理由で接種できない人が感染の危険にさらされることが増え、二次感染で重症の肺炎になる人も増え、ER(救急治療室)が混んで命にかかわるケースへの対応が遅れる事態にもなりかねず、病院、保険会社、国全体の医療費がかさむ。
そして、学校閉鎖になると、親は会社を休んで子どもの面倒をみなければならなくなり、疾患と子守で社員の多くが休むと企業の損失も高くなる。

最初からそういう事態を起こさないために、予防のほうにコストをかけるという、極めて論理的かつアメリカ的な対策なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

junyamaan どっちがいいかは分からないけど、一つ事実としてあるのが、平均寿命ならアメリカより日本の方が5歳も高いのだ(ドヤッ!) 約4年前 replyretweetfavorite

itocchi_k 歯についてはホント同意。デルタルフロスを使わない生活には戻れないw 約4年前 replyretweetfavorite

Pocket_Pikatt 日本じゃ社会が医療機関に行かせるように仕向けているからな。学校感染症の出席停止証明なんてその最たるもの。 約4年前 replyretweetfavorite

chorilolila 予防医療https://t.co/s1JWIXTYDS 約4年前 replyretweetfavorite