セックスなんてなくなればいい

中学時代、女の子と交換日記をやっていたことを思い出したbar bossa店主・林伸次さん。当時、林さんは「世界は交換日記と電話とデートとキスだけになればいいのに」「セックスなんて世界からなくなっちゃえばいいのに」と思っていたそうです。その理由はなんなんでしょうか。

交換日記をやっていたことを思い出したら

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

SNSを全くやらないという女性がいて、どうしてやらないんですかという質問したら、「何を書いたらいいのかわかんなくって。私、女子校なんですけど、交換日記もやったことないんですよ」と答えました。

そうかあ。SNSって実は交換日記だったんですね。その彼女、やったことないのにSNSの本質をよく理解していますよね。

ところで僕は学生時代、交換日記が大好きでした。中学の頃、二人の女の子と交換日記をしたことがあるのですが、「今回は何を書こうかなあ。あ、そうだ。あの話を書いたら、彼女すごく笑うだろうなあ」とかなんとか考えてる時間が一番好きでした。

僕が交換日記をしていた相手の女の子は、けっして「お話上手」というタイプではなかったので、話題づくりはやっぱり僕が担当しました。最後の方に「中島さん(仮)は、そんな時はどうしますか?」とか「中島さんはお料理って上手ですか? 得意な料理はありますか?」なんて感じで、ちょっと質問を書いていたように思います。

他の地方や、他の時代はどうなのかは知らないのですが、僕が育った場所と時代は「付き合う」というのは、学校の帰りに一緒に帰ることと、たまに長電話することと、1ヶ月に1回くらい映画を観にいって、その後ハンバーガーを食べることと、交換日記をすることでした。

そしてもちろんセックスをすることなんてまさか思いつきもしませんでした。僕は中学の時にバスケットボールをやっていたのですが、試合で他校の生徒と話をしていて、「彼女とセックスをしている」なんて聞いたときは、すごく驚いたのを覚えています。

そうかあ。この世の中にやっぱりセックスって存在するんだ。そしていつか僕もそのセックスが日常の世界に入っていかなきゃならないんだって思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momo_0327 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 えー、私、なんの迷いもなく①を選ぶんだけど。。。どうせ別れるってわかってるのに、1年とか3年とか 3年弱前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe ジェイン・オースティン的なロマンス小説の醍醐味もそうですよね>|林伸次 @bar_bossa https://t.co/i5mc9tuIKy 3年以上前 replyretweetfavorite

0fd18c3d726629m 同意。私も選ぶなら③だな〜 https://t.co/GJfA4C1l2B 3年以上前 replyretweetfavorite

yuzumeets_an “こんな風に交換日記のことを考えていると、のに” 林伸次@bar_bossa https://t.co/O4sL3MRSit 3年以上前 replyretweetfavorite