東大駒場寮物語

5】安い、広い、自由

「古く、汚く、キテレツ……それでも彼らは、自分たちの居場所を守ろうとした」。明治、大正、昭和の昔から、著者が過ごした1990年代、そして廃寮までの駒場寮の歴史とそこに生きた学生たちを描くノンフィクション『東大駒場寮物語』(KADOKAWA)が今冬発売となります。本連載では、その一部を抜粋してご紹介していきます。


(とある寮生の部屋の間取り。提供:オオスキトモコ)

 寮は一部屋24畳ほどの広さがあり、また昔の建物らしく、天井も高い。雑誌や新聞などで、よく足の踏み場もないほどに散らかっている部屋が紹介されがちなため、窮屈なイメージを持たれることもあるが、実際にはそうではなく、ものを片づけてみれば、驚くほどに開放感がある。何もない部屋でコンパを開けば、三十人ぐらいは余裕で入れる。玉木正之(72年入学、スポーツ評論家)のブログに記された回想によれば、寮の一室で浅川マキのコンサートを催した際には、百人余りの学生がすし詰めになって入っていたという。

 部屋は複数の寮生が一緒に暮らす、相部屋として使われる。かつては一部屋6人という時代もあり、その頃には確かにちょっと窮屈だったかもしれないが、次第に余裕ができて、後には一部屋3人が基本となった。1993年には400人ほどの寮生が在籍し、150弱の部屋が使われていた。

 部屋の中は基本的に、どのように使ってもいい。そのスタイルは大きく分けると、オープン、クローズド、セミクローズドの3種類に分類される。

 オープンは文字通り、全スペースを部屋の住人で共有して使うスタイル。プライバシーなどとは言ってられなくなるが、よくもわるくもそれが寮の醍醐味であり、王道とも言える。
 クローズドは本棚やベニヤ板などをパーテーション代わりにして区切り、個人のスペースをはっきりさせて使うスタイル。時代が下るに従って、この形式が増えてきたようだ。「寮のアパート化」だとして批判する寮生も多かったが、一概にわるいとも言えないだろう。何度も繰り返し書くが、どのように住もうとも、それは各人、各部屋の自由である。
 セミクローズドは両者の折衷で、共有部分と個人スペースを両方設ける、というスタイルである。

 床は板敷である。かつては廊下の段階から土足厳禁だったのだが、その規則は撤廃され、部屋の中でも土足でよい。裸足になりたいのであれば、畳やシートやカーペットを敷いてもよい。備品のベッドや机は人数分だけ使ってもいいし、部屋が狭くなると思えば、使わなくてもいい。あまりに多くの電力を使うことがなければ、何でも持ち込みは可能である。先人が残していったテレビや冷蔵庫などの「遺産」があればもちろん、好きに使ってよい。

 また寮には全室、スチームヒーターが設置されている。冬場になると自動的について、部屋がほんのりと暖かくなる。それでもまだ寒いという場合には、各自でこたつやストーブ、ファンヒーターなどを用意する。

 寮は戦前に建てられたものなので、現在では規格外になっているパーツも多い。寮の窓ガラスもそのひとつで、割れるとなかなか修繕されない。私の住んでいた部屋でも窓ガラスに穴が開いていたが、段ボールか何かでふさいでいれば、さほど気にならない。

 いまは独立行政法人化した東京大学は、かつては国立大学だった。授業料と同様に、家賃(寄宿料)は各自が直接、国庫に支払う。その額は、一月400円。
 他に、寮の自治会が徴収する水光熱費や自治会費などが、一月約四千円ちょっと。要するに、住環境のためにかかるコストは、一月全部で、五千円ほどである。
 寮には舎監もいなければ、門限もない。どこへ何日出かけようとも、外出届を出す必要もない。ほんの最低限の義務をクリアすれば、後は何をしようと自由である。


(ピンクルームにあったスチームヒーター。写真:オオスキトモコ)

部屋探し


松本博文『東大駒場寮物語』(KADOKAWA)、12月10日発売決定!


オオスキトモコさんによる、廃寮直前の駒場寮の写真集、発売中!
併せて駒場寮のミニ写真展を11月21日「デザインフェスタ」@東京ビッグサイトで開催!
(場所は西ホール・A-13になります)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
東大駒場寮物語

オオスキトモコ /松本博文

ムツゴロウ、野田秀樹、堀江貴文、小池龍之介など様々著名人が巣立った日本最古の大学寮は、著者が入学した93年には廃寮計画が進められていた。寮にまつわる数多の史実を交え描く、筆者たちの実録青春記。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cafe_petit 自らの居場所を守ろうとした学生たちを描く、哀愁の青春ノンフィクション! 4年以上前 replyretweetfavorite

cafe_petit 自らの居場所を守ろうとした学生たちを描く、哀愁の青春ノンフィクション! 4年以上前 replyretweetfavorite

cafe_petit 自らの居場所を守ろうとした学生たちを描く、哀愁の青春ノンフィクション! 5年弱前 replyretweetfavorite

cafe_petit 駒場寮の歴史を、残された資料と、松本さんの思い出を通して描くノンフィクション!私は写真でお手伝いしております 5年弱前 replyretweetfavorite