障害や病を持って生まれること

生まれてきた時の記憶を持つ子供がいます。赤ん坊は、何を思って生まれてくるのでしょうか。そこには我々の「生きるヒント」がつまっていました。

生きるヒントが詰まっている、魂のメッセージ

障害と病気を背負って生まれる、赤ちゃんの勇気

 先天性の障害や病気を持って生まれてくる赤ちゃんたち。中間生の記憶のある子どもに「どうしてだろう?」と聞くと、「みんな、どんな体で生まれてくるか、自分で決めるんだよ」と教えてくれます。
 人生のシナリオとして、あえてハンディキャップを選び、勇気凛凛でチャレンジする。今までの過去世でも、たくさんの経験を積み重ねてきて、魂のレベルはずっと先の方まで進んでいるんでしょうね。
 だから〝可哀想〞ではなく、〝素晴らしい〞子どもたちなのです。
 その子どもたちに選ばれたお母さんの人生も、平坦なものではありません。効率優先・経済至上主義の現代社会にあって、偏見はちっともなくならないし、バリアフリーも掛け声だけ。障害児や障害者をあるがままに受け入れ、個性を大事にする学校や職場は限られています。経済的支援も十分とはいえないでしょう。ショックで、初めは「産むんじゃなかった」と嘆く人だっているはずです。
 でも、ママこそが人生のベスト・パートナー。多くの人が「この子のおかげで、人間として大きく成長できたと思います」「たくさんの仲間と出会い、人間の可能性を信じることができました」などと胸をはって語ってくれています。
 心臓病と喘息と鼠蹊(そけい)ヘルニアを持って生まれ、入退院を繰り返すりお君(当時5歳)は、「神様が手術したほうがいいって言ってた」と辛い治療を受け入れ、医療スタッフには「先生、助けてくれるの? ありがとう!」とにっこり。喘息になった理由も「だって、治すのが面白いからね」といつも前向きです。お母さんの言葉を引用してみましょう。

「先天性の病気ということで、私は辛い気持ちを引きずっていました。けれど、りおにそう言ってもらって、気が楽になりました。それに、喘息も治せるはずだって、明るい気持ちになりました。
 りおが病気でうまれたため、本当にたいへんでした。けれど、家族の支えがあったから乗り越えられましたし、たくさんの経験を積ませてもらいました。りおのおかげで出会った、病気と共に生きる子どもたちのことを、私は決して忘れないでしょう。りおは、生きていること自体が奇跡なのだということ、そして家族の大切さを、気づかせてくれました。感謝の気持ちでいっぱいです」(『子どもは親を選んで生まれてくる』日本教文社)
 命とは、奇跡そのものなんですね。

 かつて日本では、障害を持って生まれた赤ちゃんを「観音様の生まれ変わり」として、大切に考える風習がありました。
 観音様は、正式には観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)。人々がその名を称え、救いを求める声=音を聞きつけたら、即行で飛んできて諸苦難から救ってくれる方です。救いを求める人に合わせて、臨機応変に33の姿に変化(へんげ)して現れるとも言われています。
 仏教の修行の中で、1番重要だとされているのは「利他行(りたぎょう)」といって、自分のことは後回しにして、困っている人(他者)につくし、助けてあげることです。自己犠牲、あるいはボランティア精神といいましょうか。その献身的な行いによって魂が磨かれ、仏の悟りに少しずつ近くことができるとされます。「功徳を積む」「陰徳を積む」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これも善い行いでレベルアップするという意味です。
 障害のある人は、赤ちゃんでも大人でも、周りの人の助けがなければ生きていけません。身近に障害者(児)がいる人は、自然と利他行に励むことになります。つまり観音様は、私たちが無理なく修行に勤しめるように、障害のあるお姿にわざわざ変化して、この世に来てくださったという意味なんですね。
 だからお世話をする人は、恩着せがましくいばってはいけない。功徳を積ませていただき、ありがとうございますと、感謝しなければなりません。ましていじめるなんて、とんでもないことです。
 私は、とても深い人間の知恵だと感激しました。お釈迦様や観音様から見たら、生きとし生けるものは、みんな平等。役に立たない人間なんていないんです。障害者は、その地域共同体の中で、人々を救うという役割をちゃんと持ち、一緒に暮らしている。引け目に思うことは何一つない。近代の福祉より、100万倍も賢いと思いませんか?

 もう1つ、乳児院や養護施設で暮らす子どもたちも、同じように大切な役割を持っていることを知っておきましょう。
「僕たちがここに来たのは、人を愛することを、周りの人に知ってもらうため」
 彼らが施設にいるおかげで、多くの人が子どもを愛する無償の喜びと、育てる楽しさを手にすることができます。そこで保育や児童福祉のプロとして経験を重ねたスタッフは、次に施設にくる子を、もっと上手にケアすることもできるでしょう。勇気ある魂が、幸せの連鎖を運んでくれるのです。
「不自由な体に生まれたからこそ、人の役に立つことができる」
「親との別離という悲しみを引き受けても、大事なミッションをやり遂げたい」
 健気で勇敢な魂がこの世界にはいっぱい存在します。くじけそうになった日は、そのことを思い出してください。


愛を伝えに来てくれる赤ちゃん—お腹の中の短い命
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』

池川明

36年、出産という命の現場に立ち会ってきた池川先生。そこから見えてきたのは、誰もが幸せになれるヒントです。 あなたも、不幸の連鎖から抜け出せるかもしれません。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

crow8896 @remikama01 https://t.co/TaNEvPuYEV ‥だそうです 19日前 replyretweetfavorite

nazuna_mtf あと、私は親に殴られる為に生まれてきた訳ではないし親を反省させて更生させる機械じゃないの。別に親を自分の体や命を張ってまで更生させたいなんてこれっぽっちも思わないし、普通の人間なの。https://t.co/nnpPNHwjKl 4ヶ月前 replyretweetfavorite

taka_darkness @3oSPMHBorZcUG8u なんでそんなに決めつけるんですか…。 自分で選んだんだから悔いはないという考え方もありますよ。 こういう救われ方もあるんですよ。 https://t.co/v9M8tLAOYH https://t.co/noDkDy5hYe 8ヶ月前 replyretweetfavorite

kirin05195045 生まれた意味なんてたぶん無い。だけどこうやって考えたらきっとなんとか生きていけるよ。 https://t.co/7dfa4FhFG4 1年以上前 replyretweetfavorite