結婚のためのヒント

結婚をした後に、なんでこんな人と結婚したんだろう? と思うこともあるかもしれません。寝食をともにしていても、見るもの、感じるものは全く別。だからこそ学びあえると思ってください。男女の考え方が違うのを受け入れればストレスのない結婚生活が送れます。それでも、どうしてもうまくいかないのであれば離婚するのも一つの選択肢です。今回は結婚生活のヒントになるお話をご紹介します。

結婚のためのヒント

何でこんな人と結婚したんだろう? ①

 産婦人科医という職業柄、夫に対する愚痴をよく聞かされます。最近目立つのが次の一言。
「私だって働いているのに、子育ても家事も全部私に押しつけて、協力してくれません。朝から晩まで息つくヒマもない。もうくたくたです(涙)」
 母親がイライラして疲れているので、幼い子どもたちも、ちょっと気持ちが不安定。これはマズイと思い、夫君に会って話を聞くと、実はちゃんと手伝っていました。ただ、方向がズレているために評価されていないのです。
 その原因は女性と男性の「脳」の差にあります。
 たとえば「お醬油買ってきて」と頼んだとしましょう。夫はスーパーにでかけ、妻を喜ばせようと棚から一番高級なお醬油をセレクトする。そして「この醬油で、うまい刺身を一緒に食べよう」と、ついでに鮮魚コーナーで中トロの柵も購入したりする。
 でも妻が頼んだのは〝いつもの〞お醬油でした。だから袋から出すと「違うじゃないの!」と文句を言われ、しかも夕飯にはすでにブリの照り焼きを用意しているので、「なんで余計なものを買ってくるのよ!」と叱られてしまいます。
 夫からすれば「だったら、初めからそう言えよ」ですよね。メーカー名・商品名を指示し、夕飯のメニューは決まっていると論理的に説明しないと、左脳で考える男は妻の期待通りには動けません。食器洗いも同じ。〝いつも妻がやっている〞ように汚れが落とせないと、ムッとされますが、これも「こうやって洗うのよ」とレクチャーが必要です。
 女性の右脳は感覚優先で、一言足りません。その結果、夫は叱られるのが嫌さに、家事をやらなくなり、しまいに家に帰ってこなくなります。解決策はただ一つ。
「夫のことは、犬だと思え」愛犬をしつけるように、丁寧にわかりやすく説明し、上手にできたらにっこり笑って褒めてあげてください。
「水」や「波動」研究のエキスパートとして、宇宙の真理を追究してきた故・江本勝(えもとまさる)氏によれば、私たちの周囲には4000億ビットの情報があふれていますが、五感でキャッチできるのは、たったの2000ビットだとか。寝食を共にする夫婦でも、見るもの・聞くもの・感じるものはまったく違うのが当然です。そして、違うからこそ、学び合える。魂が磨かれる。
 私たちは中間生で待機している間に、この人と△歳で結婚し、お互い成長しようというシナリオを用意しているといわれます。夫はあなたが決めたパートナー。あなたも、夫が求めたパートナー。そう思って、夫の良い面を見直してください。

何でこんな人と結婚したんだろう? ② 
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』

池川明

36年、出産という命の現場に立ち会ってきた池川先生。そこから見えてきたのは、誰もが幸せになれるヒントです。 あなたも、不幸の連鎖から抜け出せるかもしれません。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miyakoninfo 生まれてきた意味 https://t.co/WM5WGFBLlj 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 池川明 https://t.co/HVYdPCBNQR 左脳で考える男は妻の期待通りには動けません。 女性の右脳は感覚優先で、一言足りません。 あなたは夫に感謝の言葉をかけていますか? お給料日に「ご苦労様」と言っていますか? 3年以上前 replyretweetfavorite