赤ちゃんは自分で親を選んで生まれてくる

親として読むと感激するという産科医・池川明先生の『生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』。なぜこの本は心に響くのでしょうか、そして、子どもたちはなんのために生まれてくるのでしょうか。

赤ちゃんは自分でお母さんを選んで生まれる

 親として感激するのは、赤ちゃんが自分の意志でお母さんを選ぶという、空の上でのエピソードです。「生まれてくれてありがとう」と、感謝の気持ちが生まれます。

池川明(以下、池川) 誕生前の世界ですから、私は「中間生」と呼んでいます。神さまや天使がいるという証言もあるので、天国といってもいいけれど。子どもたちは、そこからたくさんの女性の暮らしや人となりを眺め、自分が笑顔と幸せを届けられると思うママを選んで、空から降りてきます。「ぼくは『お母さん大好き』というために生まれてきた」。中間世記憶の一例ですが、いい言葉でしょう。また、よく「選べるのなら、なんで虐待する鬼母のもとに来るの?」と聞かれますが、その赤ちゃんは虐待を止める目的で生まれてくるんです。虐待する人は自分も虐待された経験があり、人を愛する幸せを知りません。その負の連鎖を断ち切りたいと考えています。

 赤ちゃんが病気や障がいを負って誕生するのも、自分の意志なんですよね。周りの人々が優しさと思いやりを学べるように、と。

池川 人間にはこの世でなすべき使命があり、それを中間生で神さまと約束しています。ママを、家族を幸せにする。巣立った後は世の中の役に立つ。誰もが勇気凛凛なんですよ。でも誕生のとき心を一旦リセットし、人生をスタートさせるので、いつの間にかブレてしまう。そのためにいじめに巻き込まれる、やりがいが見つからない、コンプレックスで落ち込む—。私がこうして胎内記憶の話をするのは、みなさんが初心に帰り、自信を取り戻してほしいからです。

 そこでこの本は、単なる育児書を超え、生き方の指南書として書き下ろそうと考えられたんですね。先生の生い立ちを赤裸々に語ってもらったり、人生相談Q&Aも随所に入れたり。思春期の不登校や引きこもり、恋愛・結婚・子連れ再婚、嫁姑問題、依存症まで、幅広く答えていただいています。

命の意味に応える私たちの「魂」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』

池川明

36年、出産という命の現場に立ち会ってきた池川先生。そこから見えてきたのは、誰もが幸せになれるヒントです。 あなたも、不幸の連鎖から抜け出せるかもしれません。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

onion8on 後半この人 9ヶ月前 replyretweetfavorite

yyaakkkuu 同じこと言ってる産科医いるのやべぇな https://t.co/2y6mPO6ht9 1年以上前 replyretweetfavorite

hagusan10s これはなかなか興味深い話だ。 3年弱前 replyretweetfavorite

masapunyu https://t.co/h72TOuRPI7 3年弱前 replyretweetfavorite