嫌いなお客さんの名前を叫びながら、夜な夜なゲームの敵モンスターを切り倒す快感

秋葉原の名物、メイド喫茶。来店すればご主人様と呼ばれ、可愛らしいメイドさんが給仕をしてくれる癒やしの空間です。しかし、メイド喫茶で働く女の子たちには精神的に不安定な子や、遊び感覚で働いている子も多数いるのだそう。そんなメイドさん達のバックヤードでの姿を、リフレ店で数年間働いていた元メイドの中川嶺子さんの著書『職業としてのアキバ・メイド』からご紹介します。

〈メイド図鑑その1〉精神的に不安定な子たち

 続いて、私の直接見聞きしたエピソードを紹介していきたい。

 私が秋葉原で働いていた頃に出会った女の子は数多い。

 何年も共に働き、楽しいことも辛いことも一緒に乗り越えてきた子もいれば、たった一日限りの付き合いの子もいた。  いろんな性格、いろんな容姿、いろんな個性のある女の子たちが働いているからこそ、いろんなお客さんに対応でき、お客さんは相性のいい女の子を選ぶことができるのだと思う。

 そんな多様なメイドさんたちだが、共通している傾向は何かと問われれば、「精神的に不安定な子が多い」ということ。  働いている子が全員そうだというわけでは決してない。が、一つのお店で女の子が十数人働いていれば、その中の数人は精神的に不安定な子であるといってもいいほどである。

 ひどいお店では、キャスト全員がなにかしら問題を抱えているという所もあるという。  若い女の子なら誰しも多少メンタルが弱かったり、不安定だったりするだろうが、秋葉原にはいろんな想いを抱えた傷つきやすい女の子たちが特に集まりやすいのかもしれない。

 ではどういった問題を抱えている子が多いのかというと、自分の体を自ら刃物などで傷つけ自傷行為を繰り返す〝リストカッター〟。

 常に誰かに自分を見ていて欲しい、愛して欲しい、かまってもらいたいという願望が強く、それが叶えられないと不安になったり、途端に機嫌を損ねてしまう〝メンヘラ 〟。 他にも、普段はわりと普通に見えても精神を病んでいて、精神安定剤などの薬を処方されている子。

 お客さんにからかわれたり自分のミスを注意されたりすると驚くほど落ち込み、ほんの些細なことで泣き出す子。  常に人気者でいたいという気持ちが強く、自分よりも人気の子を妬んでお客さんを横取りしたり、人気の子の悪い噂を流したり、陰湿な嫌がらせをする子。自分は職場の女の子から嫌われているとか、自分が可愛いから嫉妬されて困るなど勘違いの被害妄想にかられて騒ぎ出す子。

 などなど、いささか協調性に欠ける子が多いようである。 メイド喫茶やメイドリフレで働いている子がすべて問題を抱えているわけではないが、だいたいのお店でそのような子がいるというのは紛れもない事実である。

 このような女の子たちは決して大げさに書いている訳でもなく、実際にいるのである。

 私が印象に残っているのは、嫌いなお客さんの名前を叫びながら夜な夜なゲームの敵モンスターを切り倒すのがストレス解消だと笑いながら話していたKちゃんのこと。

 Kちゃんとは私がまだ秋葉原で働き始めて間もない頃に出会ったのだが、仕事が終わりみんなで着替えながら他愛のない話をしていると、「これから働いてれば嫌いなお客さんや苦手なお客さんとかたくさん出てくると思うけど、そんな時は敵をバッタバッタ切り倒していくゲームをやりながらお客さんの名前叫ぶとめっちゃスッキリするよ! ストレス解消にオススメ!」とアドバイスをされたのだ。

 まだ仕事にも慣れず、戸惑いながらの日々だった私には、その言葉はかなり衝撃的だったため、今でもよく覚えている。

〈メイド図鑑その2〉マイペースすぎる子たち

 一緒に働いていても協調性というものがまったくなく、〝マイペース〟な子には、とても手を焼いたものである。  私がここで話したい〝マイペース〟な女の子とは、自分のペースでしっかり計画的に行動できる人だったり、周囲の目ばかりを気にせずに自分らしく行動できる人のことではなく、自分の〝マイペース〟が周囲に迷惑を掛けていてもまったく気づいていない、もしくは気にしないという、いささか協調性に欠ける女の子たちのことである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
職業としてのアキバ・メイド

中川嶺子

リフレ店で数年間働いていた元メイドの中川嶺子さん。著書『職業としてのアキバ・メイド』では、赤裸々な実態を告白。そこは「メンヘラ」な女の子が、“ビンタ1000円”を買う男たちのために過激メニューをこなし、自ら「裏オプション」をつくって“...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hisaya_010279 あとで読みたいな(必ず読むとは言っていない) https://t.co/k8sdbZ0Qyk 4年以上前 replyretweetfavorite

Trapezium Now browsing: " 4年以上前 replyretweetfavorite