メイドさんたちの赤裸々体験談

リフレ店で数年間働いていた元メイドの中川嶺子さん。著書『職業としてのアキバ・メイド』では、赤裸々な実態を告白。そこは「メンヘラ」な女の子が、“ビンタ1000円”を買う男たちのために過激メニューをこなし、自ら「裏オプション」をつくって“服の上から胸を触る4000円”とか、小遣い稼ぎをしたりしていた。ご主人様も老人から「男の娘」まで多種多様。このキャラの濃い人たちは、店の内外で、どんな駆け引きを繰り広げているのでしょうか? ここでは、女の子たちの実態を紹介します。

ここで扱うのは、秋葉原で働く女の子たちの本当はあまり表には見せないほうがいいかもしれない知られざる本音と実態だ。可愛らしいメイドさんたちのイメージを壊したくない皆さんには、まったくもって申し訳ない。

 まずはじめに、いったん私の体験談や見聞記を離れて、書籍やムックの情報をもとに、メイドさんたちの知られざる実態とリアルな本音に触れてみよう。秋葉原関連の出版物はいくつかあるが、ここでは『メイド喫茶で会いましょう』 (早川清他、アールズ出版) 、 『秋葉原ザ・裏ガイド』 (別冊宝島)をもとに3人の例を紹介したい。

いずれも、実際に秋葉原のメイド喫茶・メイドリフレ・JKデートなどで働いたことのある女の子たちである。なお、一部に先述した内容と重複するエピソードもあるが、そこに多くのお店の共通点が見えてくると思うので、あえてそのままご紹介している。

某メイド喫茶で働いていたSさんの体験談

・最後のご主人様を笑顔で見送った後、女の子が「あー、あいつマジキモイって。二度と来るなよ!」などと罵声をあげることがある。

・ご主人様に人気のある、気の弱そうで大人しいタイプの女の子のほうが激しく豹変(ひょうへん)する。

・ご主人様からのプレゼントはほとんどの女の子がきちんと持ち帰るが、特にぬいぐるみ類は実用的ではないためロッカールームに置き去りにされていることも少なくない。  しかし、理不尽なご主人様の場合、怒りのあまり包みも開けずにゴミ箱へ捨てることもある。

・ご主人様からもらった巨大なぬいぐるみにハサミを突きたて、中の綿が出て原形をとどめなくなるまで切り裂いた女の子もいた。

・ロッカールームでは、現金や女の子の私物、お店の備品の盗難が起こることも。会計をメイドが担当している店では、時には一日の売上金が全部なくなることもあった。

・メイド同士で1人のご主人様を取り合い、〝恋敵(こいがたき)〟に逆恨みをして毎日死ねメールを送り続けた女の子がいた。(以上、 『メイド喫茶で会いましょう』より)

アキバ6年目、コンセプトバーで働く24歳のAちゃんと アキバ4年目、コンセプトカフェで働く22歳のBちゃんの体験談

・あの手この手で自分を売るためのアピール。 「みんなが私を推(お)している」という状況に浸りたくて、媚(こび)を売りまくる女の子がいる。

・写メを撮る時に他の女の子よりも自分が可愛く見える角度で入る女の子がいる。

・「あの子のことで悩んでるの……」とわざとお客さんに相談すると、お客さんに「俺がコイツを守るんだ!」と思う気持ちが湧き起こる。それを利用してライバルの悪い噂を流してもらおうとする女の子もいる。

・信頼できるお客さんにはコッソリ恋愛相談をしたりする女の子も。

・お店でお客さんとの連絡のやり取りを禁止されていても、ツイッターやSNSのダイレクトメールなどでこっそり連絡を取り合う女の子はたくさんいる。時には、店外で個人交渉」がはじまることも。

・粘着系の身勝手な人は困るけれど、分別をわきまえた大人の人には女の子も楽しく接客ができるし、時には恋もしてしまう。 (以上、 『秋葉原ザ・裏ガイド』より)

 以上のようにさまざまな話を並べてみると、こんなドロドロしたメイドさんたちの姿を知りたくなかったという読者もいるかもしれないが、ご主人様たちに〝癒し〟を与えるメイドさんという存在も、一旦制服を脱いでしまえば極々普通の女の子なのだとわかるだろう。


ただ、メイドさんたちにご主人様たちを笑顔にしたい、楽しんでもらいたいという気持ちがまったくないという訳ではない。

 あくまでもお店のルールを守って紳士的に遊びに来てくれているご主人様には、メイドさんたちも好感を持って気持ち良く接することができる。

 しかし、メイドさんもまだまだ未熟な女の子、一部の度を越したご主人様にイライラが募り、ストレスが爆発してしまうことも度々あるのである。

「ビンタ1000円」を買う男、売る女

この連載について

職業としてのアキバ・メイド

中川嶺子

リフレ店で数年間働いていた元メイドの中川嶺子さん。著書『職業としてのアキバ・メイド』では、赤裸々な実態を告白。そこは「メンヘラ」な女の子が、“ビンタ1000円”を買う男たちのために過激メニューをこなし、自ら「裏オプション」をつくって“...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません