浮気相手と最後までやらなかったら潔白⁉ 武田信玄から美少年へのラブレター【前篇】

戦国武将・武田信玄は美少年に恋してた! 少年に浮気を疑われた信玄が、必死で釈明した手紙があるそうです。武将の心をトリコにする小姓たちの手練手管とは? 
『劉邦の宦官』『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回るコラム連載がスタートします!

はじめに

みなさん、はじめまして。 黒澤はゆまと申します。

2年半ほど前に、『劉邦の宦官』という作品でデビューした、いわゆる歴史小説家です。

『劉邦の宦官』は、前漢はじめの古代中国を舞台に、皇帝と宦官、少年同士の悲恋を描いた小説でしたが、今回、cakesの軒を借りて連載するテーマも「闘う男と少年愛」。歴史のなかの美少年を追って、日本に、中国に、ローマに、イスラムに、時空を超えて世界中飛び回ろうと思います。

あっ、一応ヘテロで、これまで好きになった人はすべて女性です。もちろん、それは幸福なことでも、不幸なことでもありませんが。

さて、振り返ってみると、自分が少年愛というテーマに、歴史と並んで取りつかれるようになったのは、少年時代のコンプレックスが原因のように思います。

今でも小さいのですが、昔はもっと小さくて、小学校1年から高校3年まで、背の高い順で並ぶと必ず1番前。小学校はともかく、中高の男子なんて、猿か犬みたいなもんですからね。肉体的に小さくて弱いというのは決定的。中学は結構荒れてたし、大きくて強い同級生のげんこつに、いつもおびえていました。

ただ、私はこすいところもあって、こちらのメンツは守って、対等の友人関係を結びつつ、何かあったら守ってくれる、そういう人を猿山のなかから探し出すのがうまかった。少し前にはやった漫画のカメレオンみたいなやつですが、それで、幸いシビアないじめにはあいませんでした。

しかし、こうした「庇護されている」というポジションにいると、時々守ってくれる人たちに妖しいときめきを覚えるものなんですね。

もしくは、守られている自分自身にうっとりする。真実は、単に小さくて弱くておまけに醜かっただけなんですが、思春期の手に負えない自意識というのは、自分を支えるために、それを転倒して豪奢な嘘の衣装を着せてしまう。「自分は小さくてかわいいから守ってもらえるんだ」とか。

そんな守ってくれる友人の1人だった不良が、タフな喧嘩のあと、たわむれて私の真っ白なYシャツで血まみれの顔を拭ったときのドキドキ。

私の場合、そのドキドキは、本格的な同性愛につながるドキドキには結局ならなかったのですが、これからお話する闘う男と少年との間にあったドキドキとは、ひょっとしたら一脈通じるところがあったのかもしれません。

猛将・武田信玄のラブレター

武田信玄というと、「戦国最強の武将は?」という話題になれば、その候補に必ずあがる人物です。

今でいう山梨県、長野県、静岡県、岐阜県、群馬県にまたがる広大な版図を築き、信長を恐れはばからせ、家康を脱糞しながら逃げ惑わせた男。上杉謙信との5度にわたる川中島合戦の名勝負も有名ですね。

政戦両方に見事な才腕を見せたのみならず、文芸にも秀で、残した詩歌と絵画は殿様の余技の域をはるかに超えています。

筆不精な人だったんですが、有名武将だけに残した文書は多くて、約1500点。そのほとんどが公的ないわゆるビジネス文書で、キャラクターをうかがえる私信は少なかったりします。その数少ない私信のひとつに、ラブレターがあると言えば、みな興味をそそられるでしょう。まして、その相手がまだ20歳にも届かぬ美少年だとしたら。

その少年の名は、春日源助。

あまり身分の高い家の出ではないのですが、愛らしい切り髪に、目の縁いっぱいにみなぎる黒い瞳、白い歯並みをこぼしていたずらっぽく笑う風情が何とも艶で、当時、25歳の信玄は首ったけになりました。

恋文の内容ですが、要は猛アタック中の源助から、弥七郎という別の少年との浮気を疑われて、信玄は必死で釈明しているのですね。この時、源助は腹を立てて、登校ならぬ登城拒否をしていたそうです。

信玄には悪いですが、以下に全文を紹介します。


一、弥七郎に度々言い寄ったがお腹が痛いと言われ、思うようになりませんでした。嘘じゃないです。

一、弥七郎を伽に寝させたことはありません。以前にもなかったです。ましてや昼夜続けてなんて。特に今夜なんてもっての外のことです。

一、あなたと深い仲になりたいと、いろいろ手を尽くしているのに、かえってお疑いになります。もう、どうしたらよいのか分かりません。

わたしの言うことに、嘘があったら当国の一二三大明神、富士、白山、特に八幡大菩薩、諏訪上下大明神の罰を受けるでしょう。本来なら牛王宝印を押した起請紙に書くべきところですが、庚申待ちで人が多いので白紙に書いておき、明日、重ねて書いて差し上げます。



(天文十五年)

七月五日       晴信(花押)

(春日) 源助殿

「言い寄ったことは確かだけど、最後までやらなかったので、潔白です」という言い訳が、はたして言い訳として成り立っているのかは疑問ですが、第3条の「あなたと深い仲になりたいと、いろいろ手を尽くしているのに、かえってお疑いになります。もう、どうしたらよいのか分かりません」なんかは、信玄の素直なもの苦しい気持ちが伝わってきてよいですね。

弁明のつたなさや、たあいなく「どうしたらよいかわからない」と弱音を吐いてしまうあたり、信長や家康に恫喝と韜晦、嘲笑の限りを尽くした文を書き、震え上がらせた人間と同一人物とは思えません。

面白いのは、文面からわかる通り、信玄が年下、しかも家来筋の相手に、ずいぶんへりくだった手紙を送っていることです。大名と小姓というと、時代劇の悪代官と町娘のように、相手がどう思おうが、無理無体に手ごめにしてしまうという印象があるのですが、その関係は案外フラットだったようです。

少年たちにしろ、お腹が痛いから今日は嫌と言ったり、腹を立てて家に引きこもったりと、かなり自由奔放にふるまっています。

信玄は正室三条夫人のほかに多くの側室を抱え、子供もたくさん作っていますから、女性も好きだったのは間違いないのですが、そっち方面には人間的な温もりを感じさせるエピソードは、あまり残っていません。有名な諏訪御料人にしても、勝頼を産ませたあとは、諏訪に置き捨てにして、25歳と若くして死ぬまでほったらかしにしています。

現代の感覚で言う「恋愛」の感情を信玄がいだいた本当の相手は、少年の方だったのかもしれません。(信玄と少年たちとの交情については、今月22日に刊行された拙作『九度山秘録:信玄、昌幸、そして稚児』で詳しく描いています。)

かつて少年愛は、日本に限らず、世界的に盛んだったわけですが、戦国日本のそれは特にまばゆい輝きを放っているように思います。こうした年長の男性と少年との間の恋愛は、江戸時代になってから衆道と呼ばれるようになりました。では、この特殊な男同士の関係、衆道はどのような事情から、誕生したものなのでしょうか?

衆道誕生の事情

昭和33年(1958年)、江戸幕府第二代将軍の徳川秀忠の霊廟、台徳院霊廟が増上寺本堂近くに移転改築されました。土葬されていた秀忠の遺骸も掘り起こされ、遺骨は詳しく調査されたのですが、結果、驚くことがわかりました。

将軍という高い地位の人物だったにもかかわらず、銃創の跡がいくつもあり、筋肉質で、がっちりした、ゴリラのような体つきをしていたのです。

戦国も後半に生まれ、温厚なイメージのある秀忠にして、この向こう傷、この体格。玄米みたいな高たんぱくな食べ物を食べ、明日死ぬかもしれないという環境に常にいると、男の体は生き延びようとして、男性ホルモンをドバドバ出します。過酷な時代を生き抜かなくてはならない、戦国時代の日本の男は、今とは比較にならないほどマッチョでした。

で、古今東西、マッチョな男というのは女を嫌い、さげすみ、馬鹿にするようになります。「知恵より筋力!」だったかつての戦場で女性は役に立ちませんし、昔の武士は、女には血の障りがあるといって、戦闘前に女性が近づいてくるのすら、嫌がりました。

でも、男性ホルモンはドバドバなわけですから、戦場でも欲求はつのるのですね。しかし、戦場は、神聖な男だけの領域。女なんか近づけてなるものか。でも、我慢できない。うーん、どうしよう……おや、あの源太の子供、よく見ると……

こうして武士の身辺に小姓とか寵童と呼ばれる少年があらわれるようになりました。経緯からもわかるとおり、その役割はまず性の伴侶で、戦国期から江戸期にかけて、こうした少年たちの床でのしかるべきふるまい方を詳細に記した書物がいくつも出ました。

そのひとつの『十寸鏡』には、どう相手の男の気持ちを落ち着かせ、優雅で打ち解けた雰囲気を作ればいいか、その手管について書かれています。

床におはいりになって、相手の男の気持ちを落ち着かせ、平静になるまでは、お互いに横向きになって寝て、さりげない会話をなさることです。……ようやく二人の気持ちがしんみりと打ち解けたら、そっと自分の帯をおときなさい。(『江戸男色考 若衆編』柴山肇著)

描写は微に入り細を穿ち、読んでいて顔が赤くなるほどです。ちなみに少年のことは若衆、相手となる年長の男性のことは、念者とか兄分と呼ばれていました。

でも、これでは若衆の立場は、娼婦と何ら変わるところがありません。小姓や稚児として少年を男性に提供する親の側は、さぞかし面白くなかったに違いないと思えば、あにはからんや、現代の感覚からは不思議なことですが、自分の子供に念者ができることを、当の親たちは大変喜んだというのです。

息子が男に犯されることを喜ぶ親

以下は、「武士道とエロス」のなかで、氏家幹人さんが紹介されたエピソードですが、明治になってから、元土佐藩士の馬場辰猪は、幕末の土佐を振り返り、次のように語ったといいます。

「土佐では古代ギリシャと同じで、少年が花の盛りとなるとき、両親が然るべき武士を見立て、保護者となることを頼むのが普通だった。引き受けた侍がしっかりした人物だったら、親は子供の行く末について安心することができたものだ」

本富安四郎の『薩摩見聞記』にも、少年が念者との関係を親の前であっけらかんと話して、誰もあやしまないと書かれています。

他にも、どうも本体は宮武外骨だったと思われる紅楼夢主人の『美少年論』によれば、土佐の同性愛の士風は薩摩のそれに似ていて、士族の少年でこれを解さないものは一人としていない、と言い切っています。

もし敢えて、男色を嫌がる少年がいたら、相集まって、家に押しかけ、肉体言語で教育したのだそうです。

で、その間、両親はどうしていたかと言うと、隣の部屋で息子が「アッー!」状態なのに、別に気にもしませんでした。お茶でもすすりながら「お父さん、倅はもてますねぇ」「お前に似てかわいいからな」「あらまぁ、嫌ですよ、お父さん。お客さんも来てるのに」みたいな話をしていたのでしょうか。

これらの証言は、いずれも明治期に幕末の土佐や薩摩を振り返ってのものですが、辺境の特殊な風俗というより、尚武の地だけに、戦国の古俗が色あせることなく、保存されていたと解釈する方が正しいでしょう。

親にとっても、少年にとっても、念者を得ることが当然だったとしたら、一見特殊なように見えるこの風俗にも、何等かの合理的な理由があったということになります。もっと端的にいうと、親にとっては子供、少年にとってはわが身を提供することで、何らかのメリットを得ることが出来た。それは一体、何だったのでしょうか?

次回は、この疑問を糸口に、戦国日本の少年愛の謎を、より詳しく解きほぐしていこうと思います。


後篇へつづく


参考文献:『武士道とエロス』(氏家幹人著、講談社現代新書)/『武田信玄と勝頼』(鴨川達夫著、岩波新書)/『江戸男色考 若衆篇』(柴山肇著、批評社)/『江戸男色考 悪所篇』(柴山肇、批評社)

イラスト:富士篤実


この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

udon_eaka https://t.co/qTeQLHOQTV ここで内容少し見れますぞ…みんな読め 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nekomatsigura 信玄が年下の男に首ったけの話とか、他のそういう話。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

takeyas2000 @ashibenotomaya それも、浮気はしてません!神かけて!というのが…>信玄公のお手紙 https://t.co/IwJujj1l3X 12ヶ月前 replyretweetfavorite

uss_dd139 武田信玄と高坂昌信がアレな関係で浮気じゃないんだよなんて手紙も研究されてますがこれが社会にとって何か寄与したとは思いつかないけど、色々妄想できるじゃん?そういうのが学問であって研究だと思うなおじさんは https://t.co/lMVwp787r4 12ヶ月前 replyretweetfavorite