ファンにお金を使ってもらうにはどうしたらいいか、もプロの課題—vol.3

今年の公式戦準決勝で、将棋の禁じ手「二歩」を打ってしまった橋本崇載八段。痛恨のミスを経て感じたこと、そして周りからの反応はどのようなものだったのでしょうか? また将棋ファンを増やす活動にも精力的に取り組む橋本さんに、「2015年に将棋を見始めるとココがおもしろい!」というポイントについても教えていただきました。漫画『或るアホウの一生』で棋譜監修を務めるプロ棋士・橋本崇載さんへのインタビュー最終回です。

『或るアホウの一生』試し読みはこちらから!

そこで出るかな!?というタイミングで出てしまった「二歩」

— 2015年で橋本さんがネット上で大きく話題になったのは、やはりNHK杯準決勝の「二歩」ではないでしょうか()。さまざまな媒体で聞かれていることとは思いますが、準決勝後のことをお話していただけるでしょうか。
※成っていない歩兵を2枚同じ縦の列(筋)に配置することはできないという、将棋の初歩の禁じ手。白熱した対局のなかで起きやすい手ではあるが、公式戦準決勝の対局としては異例のことだった。

橋本崇載(以下、橋本) 二歩については、情けない限りです。僕は昔からけっこう二歩癖があって、生涯を通して、よく二歩打ってるんですよ(笑)。でも、あの対局では、「そこで出るかな!?」というタイミングで出てしまいました……(苦笑)。

— ファンの声はいかがでしたか?

橋本 「将棋界の恥だ!」と言われるんじゃないかとも思っていたんですが、誹謗中傷がひとつもなかったのにはびっくりしました。「プロの人でもこういうことがあるんですね、気持ちが楽になりました」とか、「また次頑張ってください」とか「ファンになりました、カワイイです」とか(笑)言っていただいて。ありがたかったですね。

— 前回の「観る将女子座談会」でも、対局後のTwitterでの言葉に、胸を打たれてファンになったという方がいました。

橋本 もう1回くらい現役中にやってしまいそうだと思いますけど、今度はあんまり騒がれないところでひっそりできれば……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも戦い続けるしかない—橋本崇載インタビュー

橋本崇載

将棋に魅入られた主人公の七転八倒と成長を描いた漫画『或るアホウの一生』。今回、「観る将」女子座談会にひきつづき、この漫画の棋譜監修をしているプロ棋士の橋本崇載八段へのインタビューが実現しました。第1回では、橋本さんがいかにして将棋を始...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ginnan81 vol.1 https://t.co/fPnK5l0zGe vol.2 https://t.co/a3trEUrI5m 4年弱前 replyretweetfavorite

hibanaofficial 『或るアホウの一生』棋譜監修、橋本崇載八段インタビュー最終回!話題となった二歩についてや、プロとして 4年弱前 replyretweetfavorite

shogidaichan いい連載だった。 https://t.co/FTmBmN8bbO 4年弱前 replyretweetfavorite

ao8l22 橋本先生がお話しされてることは、将棋界だけの話ではないのでは…?と思いました。どうすれば「健全なファン」として関わることができるのか。 4年弱前 replyretweetfavorite