ドイツビールはどうして何杯でも飲めるのか? 見かけたら即注文の5+1本

ドイツは日本のビールの大先輩。明治時代からお手本にしてきたビール造りの伝統国が誇る「飲みやすさ」の秘密とは。見かけたら即オーダーしたい、おすすめの銘柄5+1本をご紹介します。
ビアソムリエ・ビアライターの富江弘幸さんが誘うめくるめくビールの世界をお楽しみください。

ドイツビールは日本の大先輩

ビールと言えばドイツ、ドイツと言えばビール。あまりビールに興味がない人でも、ドイツはビールで有名だというイメージを持っていると思います。

その理由は、日本のビールがドイツをお手本にしてきたから。ドイツは日本にとってビール造りの大先輩なのです。

「『とりあえずビール派』のビール観を変える6つのビール専門店」でも書いたように、日本の大手ビール会社が造っているビールの多くは、ピルスナーというスタイルのビールです。ピルスナーの発祥はチェコのピルゼンなのですが、それがドイツに伝わって発展。日本はそのドイツから技術者を招いてビール造りを始めました。

日本のビール黎明期の明治時代に、大手ビール会社がドイツ人の技術者を招いて学んだように、地ビールブームの際に創業した醸造所でも、ドイツの技術を学んだ醸造所が多くあります。日本のビール文化はドイツに学んだことが多いのです。前回まで、いま世界で流行しているアメリカ、ベルギーのビールを紹介してきましたが、やっぱり日本の大手ビールが一番だ、と思う人は、ドイツビールを飲んでみるといいでしょう。

なぜなら、ドイツビールは何杯でも飲み続けられる(ドリンカビリティが高い)ビールだからです。

ドリンカビリティ抜群の5本+α

なぜドイツビールはドリンカビリティが高いのかというと、ドイツには「ビール純粋令」という法律があるからです。簡単に言うと、ビールは麦芽100%でないといけないという法律です。ベルギーのようにオレンジピールなどを使ったものはビールと認められません。

この法律が制定されたのは1516年ですが、その当時はいろいろな原料をまぜた粗悪なビールが出回っており、品質を維持するために制定されたという背景があります。現在でもドイツ人はこの法律に誇りを持っており、ドイツビールの品質が保たれているのです。今回は、そのドイツの技術力、品質、ドリンカビリティが抜群のビールを紹介しましょう。

1本目「ピルザール」


プランク ピルザール

ピルザールを造るプランク醸造所は、小さな村で400年近く続く家族経営の醸造所ですが、そのクオリティは世界トップクラスです。あのビール世界一を決めるワールドビアカップで、小規模醸造所部門のチャンピオンに2度輝いています。ピルザールはピルスナーで、ホップを通常のピルスナーよりも多めに使用しており、苦味とさわやかさを強めに感じますが、麦芽の旨味とのバランスが抜群です。

ただ、難点としては、どこにでも置いてある銘柄ではないということ。その理由は、しっかりとした温度管理ができる酒屋、ビアバーにしか置かないという醸造所とインポーターのポリシーがあるからです。輸入量もそれほど多くないため、いつどこで飲めるとは言えないのですが、見つけたら必ず飲んでみてください。間違いありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あなたのしらない、おいしいビール

富江弘幸

「地ビール解禁」から早20年、今や「クラフトビール」が世をにぎわせ、コンビニで珍しいビールが並び、ビール専門店が急増してきました。見慣れない銘柄があふれかえる中、ビールのプロであるビアライター・ビアソムリエの富江弘幸さんによる連載がス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません