梶井基次郎「檸檬」を10ページくらいの漫画で読む

梶井基次郎の『檸檬』は「"えたいの知れない不吉な塊"に心を苦しめられる"私"が、ふと立ち寄った果物屋で手にした一つの檸檬に心を慰められるお話」です。太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知ってる有名すぎる名作を、某妖怪マンガの巨匠のタッチで「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめると、なんだかビミョーに笑える感じになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
有名文学を10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場

太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめました。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、ストーリーを忠実に再現しつつ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

curly_zhen 梶井基次郎の「檸檬」の漫画はこちらで読めるみたい。ドリヤス工場さんすごくわかりやすい漫画をありがとうございます!!単行本持ってます!!! 『有名文学を10ページくらいの漫画で読む。』 https://t.co/Dpv2EpcsFz 約1年前 replyretweetfavorite

___i___104 |ドリヤス工場 @driyasfabrik 漫画を読むだけでは全然理解できないから本読みます https://t.co/PVe874f3tT 4年以上前 replyretweetfavorite

skbluegreen 京都にいると鬱鬱とする気持ちはわかる(笑)でこることならこんなとことに居たくない。 4年以上前 replyretweetfavorite

mametanuki えっ、こんな話だったの!?w 受験勉強で作者名前と作品名を丸暗記しただけだったけど、面白そうじゃん! 4年以上前 replyretweetfavorite