賞金は10万ドル!アメリカを熱狂させる新人歌手オーディション番組『The Voice』

American Idol、America’s Got Talentなど、さまざまなタレント発掘オーディション番組が人気のアメリカ。そのなかでも渡辺由佳里さんが大好きなのが、2011年に始まったオーディション番組「The Voice」。「The Voice」から垣間見える、誰にでもチャンスが与えられる国アメリカならではの魅力とは?

容姿が見えないオーディション、選ばれる条件は「声」だけ

アメリカには、「American Idol(アメリカン・アイドル)」や「America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」といった勝ち抜き方式のタレント発掘オーディション番組がいくつもある。

私はこの二つの番組に馴染めなかったのだけれど、2011年に始まった新人歌手オーディション番組の「The Voice」にはなぜかハマってしまい、初回からずっと観続けている。


公式サイトより

The Voiceには、前述のアメリカン・アイドルやアメリカズ・ゴット・タレントと違い、コメンテーター的な「審判」がいない。そのかわりに4人のプロのミュージシャンが「コーチ」として自分のチームに入る新人をスカウトし、優勝に導くという方式だ。(第一シーズンのコーチは、アダム・レヴィーン、シーロー・グリーン、クリスティーナ・アギレラ、ブレイク・シェルトンだった。クリスティーナとシーローのかわりに、アッシャー、ファレル・ウィリアムス、シャキーラ、グエン・ステファニーがコーチを務めることもある)。

挑戦者は賞金10万ドル(約1250万円)とユニヴァーサル・ミュージック・グループとのレコード契約をかけて戦い、コーチはミュージシャンをスカウトして才能を開花させる腕前を競う。

私が番組を観たきっかけは、コーチが候補者を選ぶときの「blind audition(ブラインド・オーディション)」というシステムに興味を持ったためだ。参加候補者がステージで歌う間、コーチたちの席は観客席のほうを向いている。「この人を自分のチームに欲しい!」と決めてボタンを押すと、椅子がくるりと回って歌っている人をようやく見ることができるという仕組みだ。つまり、コーチにとって判断の材料は「声だけ」。ルックスという先入観を完璧に排除できる。


公式サイトより

高音が美しいから女の子だと思っていたのに、いざ椅子が回って歌手を見たら男性で「えっ。声と実像が全然違う!」とコーチが目を丸くするケースもある。この意外性が病みつきになる。

中年の既婚者でも「新人歌手候補」になれる

競争をさらに面白くするためだろう。この番組には次のように異なるラウンドが用意されている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe このページの写真の少女クリスティーナ・グリミーが、昨夜のコンサート後に若い男性により射殺されるという事件があった。犯人が自殺したので原因は不明だが、ストーカーの可能性あり。銃規制の声が高まることを祈る>|『The Voice』| https://t.co/fyZh14YrpU 4年以上前 replyretweetfavorite

HESOINOSHISHI 【今年最後のリツイお願い(^-^)】さっき館長がこんな記事を見つけて「来年は #土偶部 #音楽 #歌 5年弱前 replyretweetfavorite

akinotano73ten リンク先の動画をみた。アメリカ音楽界の底力、まさに。 : 約5年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 若さとルックスを評価されるアイドルって減価償却資産だから、本人も、それを称賛する社会も可哀想だと思うのだ。 約5年前 replyretweetfavorite