女の嫉妬と連帯—友情の破綻も歌にするテイラー・スウィフト

世界の歌姫テイラー・スウィフトは女優、歌手、スーパーモデルらときらびやかな交友関係を築いています。しかし、無敵に見える彼女も全員とうまくいっているわけではありません。友情の結束を楽しむ一方、ほころびに傷つき、怒りもするのは一般人と変わりませんが、そこから彼女は新しいテーマを拾って、表現の幅を広げようとしています。

男がイジってくるなら女からもイジらせてもらう

「誰か“テイラー・スウィフトにもっとお尻を”っていうクラウドファンディングをはじめるべきだろ」

これは世界的なDJのディプロが約1年前にツイートした内容だ。対してロードはこう物申した。

「そのあいだにあなたの短小チンコもどうにかしたほうがいいんじゃない」

テイラーをイジる、大人気ない年上の男を短小呼ばわりする、18歳のシンガーソングライターの度胸と賢さには恐れ入った。超有名人とは言え(ちなみに、ディプロはロードの曲のリミックスを担当した仲である)、女性蔑視な放言には変わりない。えげつない言葉に一瞬ぎょっとするが、ユーモラスに批判する、痛快な切り返しだ。

人は、友人が悪く言われていても、はっきりと擁護できなかったりする。余計なお世話になるんじゃないかとか、悪口の主との関係を悪化させたくないとか考えてしまい、にごして終わらせる場合のほうが多いんじゃないだろうか。

テイラーに向けられたディプロの言葉の本質には、多くの若い女性にもつきまとう問題が潜んでいる。だからロードにとっては他人事ではなかったのかもしれない。

女性の性役割が、貞淑な主婦か淫らな娼婦か、と当たり前のように分断されていることをフェミニズムが明らかにしたのは、ほんの30〜40年前。現在はと言うと、良妻賢母であり、かつ身綺麗でもあることも求められる視線に女性たちはさらされている。ディプロの揶揄は、仕事で成功するなど、女が望んだものを手にすると「でもあいつモテないよな」と恋愛市場での価値の低さで貶める、というケースに当てはまる。

しかし、こういう男たちの理不尽な声に対してもうテイラーはひとりで立ち向かう必要はない。彼女の周囲では女の連帯が強まっており、ロードのような擁護してくれる友人もいるからだ。

仕事を取るか、友情を取るか

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テイラー・スウィフトの乙女な魅力が詰まった書籍はこちら!

この連載について

初回を読む
テイラー・スウィフト 乙女ごころの怨み節

鈴木みのり

『テラスハウス』(フジテレビ)のテーマソングで日本でもおなじみのテイラー・スウィフト。アルバムの総売上は4000万、シングルの総ダウンロード数は1億3000万と、全世界で売れに売れており、現在も記録を伸ばしています。しかし、テラハに対...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chang_minori 欧米フェミニズムのポップ化がうかがえる。男性を排除していないという点も大事。 2年以上前 replyretweetfavorite

takurokoma いいねいいねとテイラー応援したくなる、胸熱な記事でした。 約3年前 replyretweetfavorite

kiq “鈴木みのり” 約3年前 replyretweetfavorite

chang_minori 『cakes』での短期連載の最終回です。 約3年前 replyretweetfavorite