女子」ブームの隆盛とこれから

何かと「女子」にまつわるキーワードが、さまざまな媒体を賑わしています。この「女子」ブームとも言える現象について、『ギャルと不思議ちゃん論』の著者であるライター・リサーチャーの松谷創一郎さんは、どのように感じ、また分析しているのか。「女子」ブームの盛り上がりとこれからを考える際の一助となる文章をお読みください。

「女子」=女のホモソーシャリティ!?

 女子会、女子トーク、こじらせ女子、大人女子──最近、「女子」という言葉を目にすることが増えました。たとえば、宝島社の40代女性向けファッション誌『GLOW』は、明確に「大人女子」、あるいは「40代女子」と謳っています。最近の発売号を見ても、表紙にはこのような惹句が踊っています。

・「40代女子の こう着る!大辞典」(1月号/表紙・山口智子)
・「40代女子は わたし新発見!」(12月号/同・小泉今日子)
・「40代女子は コスパ服で ホメられコーデ!」(11月号/同・中山美穂)
・「40代女子 美女オーラ、全開!」(10月号/同・今井美樹)

 2010年10月に30万部を完売して創刊された『GLOW』は、一昨年に40万部を突破し、それまで同ジャンルを牽引してきた『STORY』(光文社)に一時はダブルスコアをつけるほど部数を増やしました。

 社会学者の米澤泉さんは、こうした40代の「女子」たちに、「まだ人生の主役の座から降りたくない!」といった所信表明を読みます。さらにそこにある男性不在の姿勢に、女子校文化の影響を見て取ります(註1)。この米澤さんの指摘は、非常に鋭いですね。なぜなら、「女子」とは女性たちのホモソーシャリティを指す言葉だからです。そこは男性の存在が意識されない、女性たちだけの場所なのです。

 一方、書店に行くと、最近は「ライトエッセイ」といったコーナーに“女子本”がまとめて置かれている光景をよく見かけるようになりました。最近で言えば、峰なゆかさんの『アラサーちゃん』、犬山紙子さんの『負け美女』、そして雨宮まみさんの『女子をこじらせて』などが置かれています。

 女子本コーナーは、まさに男子禁制の場所です。実際、私は2012年に『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』(原書房)という本を上梓しました。ふざけたタイトルですが、これは若い女性たちの30年を「ギャルと不思議ちゃん」という切り口から描いたマジメな歴史書なんです。学術書にカテゴライズされるタイプの本ではありますが、書店によっては「サブカル」といったコーナーにも置かれることもあります。自分としても「一般書60%:専門書40%」くらいの割合で書いたつもりなので、それも妥当だと考えています。しかし、決して女子本コーナーには置かれません。まるでそこには結界が張られているかのように。その理由も複雑なものではありません。筆者である私が男だからです。女子本コーナーとは、かようにホモソーシャルな世界なのです。

 前述した峰・犬山・雨宮3人の著書に概ね共通するのは、自身の体験にもとに「女子」を語る点です。そのほとんどはいわゆる“イタい話”ですが、ポップな文体で面白おかしく語られるので、それほど重くは感じられません。それゆえ同性の共感も呼んでいます。

 また、もうひとつ共通点として確実に指摘しておかなければならないのは、3人とも美人だということです。しかし、美人なのにもかかわらず、非モテ的な人生を歩み、本人にも美人という自覚はあまりありません。つまり「美人なのにブサイク」。このあたりも親しみやすさの理由でしょう。事実、彼女たちの本を読むと、その性格の良さがとても伝わってきます。

女子ブームを定着させるために必要な存在

 さて、こうした「女子」ブームで思い出されるのは、いまから10年前、2003~04年に起きたいわゆる「負け犬」ブームです。酒井順子さんのエッセイ集『負け犬の遠吠え』に端を発したこのブームは、「三十代以上・未婚・未出産」の「負け犬」女性たちに、大いに勇気を与えることになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ケイクスカルチャー

松谷創一郎

関連記事

関連キーワード

コメント

mamiamamiya 松谷氏については、この記事書かれたときから一切信用してないです https://t.co/SubRh01rwN 2年弱前 replyretweetfavorite

TRiCKPuSH リアクションしたらホモソーシャルぶっ壊れるからじゃないでしょうか。 4年以上前 replyretweetfavorite

tommynovember7 だいじなこと言った感あるけど、ラスト一行のちゃぶ台返し感ハンパない。 5年弱前 replyretweetfavorite