日本発の韓流と嫌韓流から見える、東アジアにもたらす文化の未来

2000年代、一世を風靡した「韓流」ブーム。その熱狂は、いったん落ち着いた様相になっています。しかし、実際は日本で認められたというブランド価値を伴い、ヨーロッパをはじめ中国にまで市場を拡大。と同時に、昨今の日本の状態が口火となって、アジア諸国で「嫌韓流」が広まっているのも現実です。このように、文化を通じてよくも悪くも国の価値が左右される。ということは、関係諸国を繋ぐためには、文化交流が一番影響を与えるものなのではないでしょうか。そこで次なる未来に、どのような関係性が望ましいのか世界韓流学会総務理事のオ・インギュ氏に尋ねました。

オ・インギュ(呉 寅圭)

2000年代、日本では韓国ドラマやKポップを中心とした、いわゆる韓流ブームが起こりました。

「韓流」は本当に終わったのか

私が総務理事を務めている世界韓流学会は、韓流の学術的研究を促進し、韓流を通じて国際交流の発展に寄与することを目的に、2013年に創立総会を開いて結成されました。世界各国の韓流研究者らで組織された国際学会で、人文社会、ハングル教育、韓流政策と経営、飲食文化などに分けて、学術的な研究を行なっています。

その韓流専門の立場からいえば、日本における韓流はまだまだ活発です。

2015年の2月にはじまった東方神起の日本5大ドームツアーには、75万人の観客が動員されたと聞いています。現在も韓流コンテンツ輸出における最も大きな市場は日本です。全盛期と比べても、日本における韓流の全体的なマーケットサイズはほとんど変わっておらず、ある程度の定着を見せていると分析できます。

また、最近ではヨーロッパ、そして中国への進出があげられます。韓流が世界に広がった原因は日本が媒体になったからといえます。ヨーロッパやアメリカの韓流ファンに、「どうやって韓流を知ったのか」と聞いてみると、もともとJポップのファンだったという人が多いのです。

外国人がアジアを訪れるときは、まず日本に目が行くでしょう。誰がまず韓国に行ってみようと思うでしょうか。そして日本の文化に触れた外国人たちがサブカルチャーとして韓流の存在を知ります。これまで数々の良質なコンテンツを世界に輸出してきた日本においてブームとなったからこそ、韓流に付加価値が加わったわけです。そう、韓流の世界進出は日本なしには成し得ませんでした。

日本から広まる「嫌韓流」の余波

その日本で昨今蔓延している「嫌韓」の風潮が、台湾、香港、シンガポールなどに広がっています。韓流を世界に広げる媒体となっていた日本を通じて、今度は嫌韓流が世界に広がっているのです。

さらに、私が憂えているのは、韓流コンテンツがインドネシアやタイ、ベトナムなどに大量に入ることで、文化侵略になるのではないかという批判を集めていること。国によって文化の違いがあり、それを尊重しない行為は確かに文化侵略になり得ます。韓国政府主導の下、フィリピンやベトナムなどの発展途上国に進出して、韓国料理、韓服などをやたらと宣伝しているのは、文化侵略でしょう。

ただ文化侵略というのは、文字や民族衣装などの自国の”伝統文化”を他国に強制する場合に起こるもの。ですから、伝統文化ではないKポップなどに代表される韓流と、韓国伝統文化はまったく別物と区別して考える必要があると思います。

日本の嫌韓感情と韓国の反日感情の真意

日本の嫌韓流の動きは、内閣府世論調査にも表れています。日本人の韓国に対する親近感は、2011年に「親しみを感じる」が62.2%、「親しみを感じない」が35.3%だったのに対し、2012年には逆転して「親しみを感じる」が39.2%、「親しみを感じない」が59.0%となっています。このデータを見る限り、日本の嫌韓感情が急上昇しているように見えますが、もう少し大局的にみると、1996年は韓国に「親しみを感じる」が35.8%、「親しみを感じない」が60.0%だったのです。つまり、韓流ブームが起こる以前の数字と現在の数字で、韓国に対する親近感はほとんど変わっていないことが分かります。

つまり、現在は韓流ブーム以前に戻った状態です。

それは韓国の反日感情にも全く同じことが言えます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

反日ではない、韓国の葛藤がすべて詰まってます。

韓国インテリジェンスの憂鬱

オ・スンホ
ベストセラーズ
2015-05-26

この連載について

初回を読む
韓国インテリジェンスの憂鬱

オ・スンホ

日韓国交正常化50周年を迎えた今年。世間を騒がしていた連日の偏向報道は落ち着いたが、関係改善への前向きな空気は生まれていない。日本人は、本当にこのままでよいのか。また韓国は、実際どう日本を眺めているのか。 元ヒュンダイ自動車CEOを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rom_emon 『嫌韓流』が台湾、香港、シンガポールなどに広がってってマジ? シンガポールで若者が「日本軍いい人」とかホントにやってるの? https://t.co/SK4KJEeDgV - オ・インギュ(呉 寅圭) 約4年前 replyretweetfavorite

chibicoo QT:ドイツフランスイギリスの3カ国はもともと敵対国。世界大戦を二度も経験したわけですが、現在は矛盾を抱えながらも協力関係を築いています。東アジアの韓国、日本、中国の3カ国も矛盾を抱えながらでも共同体を作れるのではないかと思います。https://t.co/dI8NOYiH48 約4年前 replyretweetfavorite

chibicoo QT:これまで数々の良質なコンテンツを世界に輸出してきた日本においてブームとなったからこそ、韓流に付加価値が加わったわけです。そう、韓流の世界進出は日本なしには成し得ませんでした。https://t.co/dI8NOYiH48 約4年前 replyretweetfavorite

kous37  韓国系アメリカ人でも全うな発言をする人はいるようだ。 約4年前 replyretweetfavorite