錯視・アウトサイダー・諜報戦

今回の「新・山形月報!」(月に2回連載してますから、この連載名はやや変ですけど……)が取り上げる主な本はこちらです。ディーン・ブオノマーノ『バグる脳』(河出書房新社)、ゲアリー・マーカス『脳はあり合わせの材料から生まれた』(早川書房)、ロバート・B・チャルディーニ『影響力の武器』(誠信書房)、スティーヴン・L・マクニック、スサナ・マルティネス=コンデ、サンドラ・ブレイクスリー『脳はすすんでだまされたがる』(角川書店)、ジョージ・エインズリー『誘惑される意思』(NTT出版)、コリン・ウィルソン『アウトサイダー』(中公文庫、上下)、飯田泰之『思考の「型」を身につけよう』(朝日新書)、ロバート・サーヴィス『情報戦のロシア革命』(白水社)、デイヴィッド・ミッチェル『クラウド・アトラス』(河出書房新社、上下)など。気になる本がないか、ぜひ探してみてください!

1月ももう終わりで、年末から続いているぼくの連続海外出張もそろそろ落ち着きそう。やれやれ。本は重いので、出張のときに興味あるものを何でもかんでも持ってくるわけにはいかないのがつらいところ。しかも、なんだかんだ言いつつ、半分くらいの本は外れなので……。

その中で、ディーン・ブオノマーノ『バグる脳』(河出書房新社)は、なかなかおもしろかった。脳はいろいろ情報処理をはしょっているので、しょっちゅうかなりいい加減な結果を出す。いちばん簡単な例は錯視とか錯覚、あるいは付和雷同したがるクセとかだけれど、それ以外にもいろいろある。行動経済学をかじった人なら、損失回避というのを知っているはず。人は期待値が同じでも損をするのを異常にいやがる、とか。広告なんかはそういう認知のゆがみにつけこんで、いろいろ売りつけようとする。本書は、そういう変な現象を引き起こす脳のメカニズムを簡単に解説した上で、今挙げたような簡単な例から、果ては宗教までを解説する。

この種の本はすでにいくつかあって、ゲアリー・マーカス『脳はあり合わせの材料から生まれた』(早川書房)は、まさにこうしたバグの原因となる脳のあまり整然としていない構造を重点的に解説してくれて、おもしろい。そこから出てくるいろんなバグのあらわれ方については、各種の行動経済学の本などがあるし、その広告への応用についてはこの本でも名前が出てくるロバート・B・チャルディーニ『影響力の武器』(誠信書房)を是非お読みあれ。またそれがマジックで活用されている様子は、スティーヴン・L・マクニック、スサナ・マルティネス=コンデ、サンドラ・ブレイクスリー『脳はすすんでだまされたがる』(角川書店)など。

で、そうしたバグはできれば直したほうがいい……のかな? 直せるのかな? 実は立命館大学の北岡明佳教授の「北岡明佳の錯視のページ」は、まさにその脳のバグが眼前に繰り広げるすごい光景を縦横に見せてくれるページで、これを見るとバグにはバグの意味があるのかもなあ、と思ってしまうし、さらに重要な点として、ぼくたちはこのグニグニ動く変な図形を見て、それが錯覚で脳のバグだと知ってはいるんだけれど、どれでも錯覚はいっこうに消えず、画像はグニグニ動き続けるのだ。北岡教授のいろんな本は、それを説明してくれて、どれもおもしろいんだけれど、やっぱこの図像自体のすごさには負けてしまうのがつらいところかなあ。

が……そういう錯視はともかくとして、やっぱ直したほうがいいと思える脳のバグは多い。不合理な思い込みやまちがった信念へのしがみつきがなくなればどんなにいいことか。そのバグの一形態は、目先のものはやたらに大きく思えて、少し先のものはかなり小さく思える、というものだ。そんな仕組みがあるからこそ、ぼくたちはいろんなことをついつい先送りにしてしまい、締め切り間際で(あるいはそれを過ぎてから)慌てふためき、後悔する。というようなことだ。計画性のある、慌てず後悔しない生活を送れればどんなにいいことか…… 本書も、最後はこうしたバグをいかに直しつつ、補正しつつ生きるか、という話で締める。

でも一方で、完全に合理的に後悔も何もない行動ができるようになっていれば、人はそもそも意識なんてものを発達させる必要はなかっただろう。機械的にチャッチャッと何でも処理できて迷う必要なんかなかっただろうし、したがって迷うための意識なんていらなかっただろう。ここらへんの(必要以上にややこしく異常な)分析は、ぼくの訳したジョージ・エインズリー『誘惑される意思』(NTT出版)にも詳しい。ある意味で、脳のバグこそは人間を人間たらしめている。そのバグを補うために、人は感情を発達させたり、社会を作ったりしているんだから。

そうしたバグの発現を、もっと文学哲学的にあれこれ考察したと言ってもいいかもしれないのが、コリン・ウィルソン『アウトサイダー』(中公文庫、上下)。まさか復刊されるとはね。ぼくたちの日常的な普通の社会がインサイダー。でも、その外側に生きる存在がいる。それは狂人(自主検閲用語なので仮名漢字変換ではすぐ出てきてくれないけど)だったり、芸術家だったり、そして果ては犯罪者だったり宗教家だったりする。彼らは日常的なインサイダー生活に飽き足らないか、あるいは何かの拍子にその外側を見てしまった。それを抱えた人々はどう生きるのか?

アウトサイダー(上) (中公文庫)
アウトサイダー(上) (中公文庫)

なぜこれが今復刊されたのかはよくわからない。原著が書かれたのは1950年代末。ちょうど世界(特に欧米)は、第二次大戦を終えて急激な復興と発展を遂げ、物質文明絶頂期。そしてそのとき、物質的な繁栄に飽き足らない人々が出現しはじめていた。もっと心が重要じゃないかとか、西欧とは別の未開人とか東洋とかの叡智があるんじゃないかとか、ドラッグでの精神変容とか。この『アウトサイダー』は、そうした時代の要請に見事にあてはまり、当時まったく無名だった著者コリン・ウィルソンは、本書をきっかけに時代の寵児になり……そしてその後何一つまともなものを書かずに生涯を終えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません