大失態のあと、これまでの信頼が自分自身を救う!

自分の会社の講師が暴れているのを眺めていた私ですが、ふと、我にかえって、事の重大さに気づき、即座にJに覆いかぶさりました。「J、やめろ! ストップ ! ストップ! 」
なんとか研修を終えることができたものの、とにかくこれからのことを思うとやりきれません。幸いその後、Jも元気になったのですが、お客様の信頼を裏切ってしまい、情けなくて、合わせる顔がなく、途方に暮れていました。一一一好評発売中の『かわいがられる力』から一部を公開します。

ピンチをチャンスに 変えられますか?

「かわいがられる人」への道のり   流血事件の代償

◎大男に噛みつかれた夜

 その事件は、合宿研修もあと残り1日という2日目の夜に起こりました(当時は3日間、朝9時から夜9時まで合宿研修を行なっていました)。午後11時からの懇親会が始まろうとしたそのとき、突然、ホテルの非常ベルがけたたましく鳴り響いたのです。
「なんだ? なんだ !? 」
 嫌な予感がして、私はベルの音が聞こえる場所へ走りました。
 走り着いた場所には、既に人だかりができ、物々しい雰囲気です。しかし、火事でもなさそうですし、地震でもありません……。
 なんと、その非常ベルの原因は、人だかりの中で暴れていた、外国人講師のミスターJだったのです! そのとき、彼は7日間連続で合宿研修の講師を担当してくれていました。気力、体力ともに限界を超えていたのかもしれません。
 自分の会社の講師が暴れているのを眺めていた私ですが、ふと、我にかえって、事の重大さに気づき、即座にJに覆いかぶさりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
かわいがられる力

安田正

「かわいがられる力は、自分だけでなく、みんなを幸せにできる」 これが、40年にわたるビジネス人生で、1000人以上の役職者、数十万人のビジネスパーソンと接してきた著者の最終結論です。 著者も若い頃、「よい結果は自分で努力すれば得られ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません