セクハラで空から落ちた天文学のスター

将来のノーベル賞受賞さえ噂されていた天文学者のジェフリー・マーシー教授が元学生からセクハラを訴えられたにも関わらず、軽い刑罰で処分された件がBuzzFeedのスクープ記事で明らかになりました。しかし、マーシー教授のセクハラは、同研究者の間では数年にわたり「公然の秘密」となっていたようです。その理由は何なのでしょうか。

天文学のスター教授、突然の退職

「太陽系外惑星」に興味がある人なら、カリフォルニア大学バークレー校のジェフリー・マーシー教授の名前は何度か目にしたことがあるはずだ。

初期に発見された太陽系外惑星100のうち70は、マーシーがポール・バトラー、デブラ・フィッシャーと共に発見したものであり、アンドロメダ座のυ星(ウプシロン星)の周りを公転している惑星もバトラーと共に発見した。

マーシー教授は、太陽系外惑星の「惑星ハンター」だけでなく、10年を費やして宇宙で地球外知的生命体を調査していく「Breakthrough Listen(ブレイクスルー・リスン)」の研究監督(PI)も務めていた。スティーブン・ホーキング博士も関わっている1億ドル(約124億円)もの大規模なプロジェクトだ。NASAのケプラー宇宙望遠鏡のミッションにも関わっており、アメリカで最も有名な天文学者のひとりである。

ところが、将来のノーベル賞受賞さえ噂されていたこの大スターが、10月15 日に突然教授の地位と「ブレイクスルー・リスン」の職を自ら去ったのである。

理由は「セクシャルハラスメント」だ。

カリフォルニア大学バークレー校は、4名の女学生からのセクハラの訴えに応じて半年にわたってマーシー教授についての内密の調査を行い、彼がセクハラ・ポリシーに違反したという結論を出していた。しかし、大学が教授に与えた罰は、「今後行いを改めないと、停職や解雇を含めた制裁措置を取る可能性もありますよ」という警告だけだった。

セクハラ・ポリシーに違反したのが明らかなのに、刑罰があまりにも軽いことへの憤りが同業者の間で広まっていたのだが、一般の人々にまで知られるようになったのは、10月9日のBuzzFeedのスクープ記事だった。


マーシー教授のセクハラは「公然の秘密」だった

BuzzFeedの取材に応じたのは、被害者の女性だけではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ka_ka_xyz 科学業界の 3年以上前 replyretweetfavorite

plagiarismfraud |ア​メリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|c​akes https://t.co/SBrUeDH3IZ 約4年前 replyretweetfavorite

IamSINSI ちょうど昨日この記事読んでたからタイムリーだ 約4年前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着学問】 約4年前 replyretweetfavorite