ここが萌えるよ!個性的なプロ棋士たち—将棋女子座談会vol.3

わずか160人ほどの天才たちがしのぎを削るプロ棋士の世界。詳細なルールはわからなくとも、それぞれの棋士の背景を知ると、将棋はぐっとおもしろく感じられます。「観る将」女子たちが世間に伝えたい、プロ棋士たちの魅力とは? ますますヒートアップする「観る将」座談会第3回です。

『或るアホウの一生』試し読みはこちらから!

【座談会メンバー】

トウテムポール
漫画家。『或るアホウの一生』著者。家族の影響で子どもの頃から将棋の観戦に慣れ親しみ、今回漫画の題材に。


あじこ 
36歳主婦。ふだんは筋金入りのジャニオタだが、羽生善治四冠と森内俊之九段の名人戦をきっかけに「観る将」の世界へ。推している棋士は橋本崇載八段。


もぐもぐ 
ブロガー。プロ棋士とコンピュータソフトが戦う団体戦「電王戦」をきっかけに、個性豊かな棋士たちに興味を持つ。推している棋士は斎藤慎太郎六段。


イシイ 
33歳会社員。ニコ生の「棋士人狼」をきっかけに「観る将」に。タイトル戦だけでなく順位戦まで幅広くチェックしているが、一番好きなのは羽生善治四冠。

初心者は、「西の王子様」斎藤慎太郎六段から

— 話が盛り上がってきたところで……みなさんの推している棋士の方々について詳しく聞いていっていいでしょうか。初心者のとっかかりになりそうな、萌えポイントもぜひ。

もぐもぐ えーと、初心者の方のとっかかり、というところに乗っかって、ミーハーモードで行っていいですか?(笑)私は自己紹介でも話しましたが、斎藤慎太郎六段推しです。関西の奨励会出身でイケメン!

— たしかに、「プロ棋士名鑑」での紹介で「西の王子様」と書いてある……。

もぐもぐ 純粋に応援してるのはもちろんなんですけど、周りの人に話すときに「こういう人がいてね」と布教しやすいんですよね。詰将棋をすごく愛していて、詰将棋選手権に出た時に「今日だけは合法的に詰将棋だけやっていい日と言われている」なんて言っちゃったりする。

ポール 斎藤先生はキャラクターがすばらしいですよね。しかも奈良出身のきつい方言。ずっとあのまま、方言をしゃべっていてほしい……。

もぐもぐ メガネをかけていることも多いのですが、対局中にもつけたり外したりするんですよ。あざとい。あざといです。斎藤先生は今年の電王戦に出場されていたので、動画アーカイブが豊富なのもありがたいです。「一人暮らしの斎藤先生の家に行って、お味噌汁を作ってもらいました!」とか「稲葉陽七段と脳内将棋をやってもらいました!」みたいな、まるでアイドルの深夜番組みたいな動画が……。

— えっ!? そんな動画があるんですか?

もぐもぐ あるんですよ……しかも無料。ドワンゴのスタッフさん、わかってらっしゃる。


クリックすると該当動画に飛びます

あじこ この間なんて「anan」の「年下の男の子特集」にも載ってましたよね。本当にイケメン……。

もぐもぐ こう言うと身も蓋もないんですが、私はこんな風にミーハーに外見から入ってる部分があるので、つまりアイドルオタで言う「顔ファン」なんですよ。怒られてもしょうがないなとびくびくしていたんですけど、将棋ファンの人は「斎藤先生超かっこよくないですか!?」と言っても「だよね! じゃあこれを見て!」とサービス精神いっぱいに沼に引きずり込んでくれる。懐が広いです。
 なぜかというと、棋士の先生方それぞれにここまで来るまでのドラマや取り巻く人間関係、対局でのスタイルがあって“かっこいい”要素が外見以外にたくさんあるんですよね。そうやってさらに興味をひかれていきました。むしろアイドル界隈のほうが「お前は顔で推してるのか!」と言われやすい気がする(笑)。

絆と年月の重みが生むドラマ性を感じて

イシイ 斎藤先生にまつわる大好きなエピソードがあって。これは2014年8月のC級1組順位戦の棋譜中継コメントに書いてあったものなんですけど……。
 斎藤先生が特にライバルとして意識しているのが、1歳上の菅井竜也六段。奨励会時代から何度もぶつかっていて、プロになった後、C級2組から1組にそろって昇級するんですけど、そのとき、菅井先生は自力昇級、斎藤先生は他の対局者の勝敗で昇級が決まる状態だったんです。斎藤先生は決まるまでのあいだ、部屋の片隅でずっとうつむいていた。そんな斎藤先生に「おめでとう」と声をかけたのが菅井先生なんです。

全員 う、うわ~っ!(歓声と悲鳴)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
観る将」のススメ

cakes編集部

10月7日に発売された漫画『或るアホウの一生』。「棋士の生き方」萌え漫画である本作の発売を記念して、作者のトウテムポールさんをはじめ、「将棋」にハマっている女子を招いて座談会を開催!  彼女たちの共通点は、自分で指すのではなく、棋士の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3mano3 それからこちらの記事(https://t.co/jsKRGtPSXy)で斎藤先生のお名前を知り、電王戦の存在を知り、動画を見て現在に至ります。 将棋のルールを覚えて観戦して指して大会にも出て、将棋ファン楽しいです😊 1年以上前 replyretweetfavorite

nmoriyan @show_san31 将棋ファンは顔ファンも大歓迎です( ´ ∇ ` ) https://t.co/eg4m8EiaLh 約4年前 replyretweetfavorite

ta22ping  奨励会はジャニーズJrwwwwwwwww 5年弱前 replyretweetfavorite