アイドルが好きなら今すぐ将棋を観てください—将棋女子座談会vol.2

ビギナーにも優しいという「観る将」の世界。観戦記者の解説、インタビュー豊富な将棋雑誌、棋士の方ともふれあえる将棋イベントなど、観戦の味方も盛りだくさんです。そんなトークが盛り上がるなか、「観る将」女子・あじこさんが将棋の世界を「ジャニーズ」にたとえだして……!? はたしてその心とは。

『或るアホウの一生』試し読みはこちらから!

【座談会メンバー】

トウテムポール
漫画家。『或るアホウの一生』著者。家族の影響で子どもの頃から将棋の観戦に慣れ親しみ、今回漫画の題材に。


あじこ 
36歳主婦。ふだんは筋金入りのジャニオタだが、羽生善治四冠と森内俊之九段の名人戦をきっかけに「観る将」の世界へ。推している棋士は橋本崇載八段。


もぐもぐ 
ブロガー。プロ棋士とコンピュータソフトが戦う団体戦「電王戦」をきっかけに、個性豊かな棋士たちに興味を持つ。推している棋士は斎藤慎太郎六段。


イシイ 
33歳会社員。ニコ生の「棋士人狼」をきっかけに「観る将」に。タイトル戦だけでなく順位戦まで幅広くチェックしているが、一番好きなのは羽生善治四冠。

「観る将」の強い味方、観戦記者と将棋雑誌

— すごく初歩的な質問なんですが、将棋の対局やそれに対する解説、棋譜って、ルールがそこまでわからなくてもおもしろいものなんですか?

あじこ そんなにルールがわからなくても、だいたい雰囲気でわかるようになってますよね。

イシイ そうそう。盤面だけ見てると全くわかりませんが、棋譜中継は盤面と一緒に、観戦記者さんのコメントがつくんです。「迷いなくすぐに仕掛けた」とか、「どちらかが倒れていてもおかしくない局面だ」というように、状況を解説してくれる。それを見て、なるほどそうなのか!とおもしろがってます。
 また、対局室とは別の控室に棋士がいて、対局を検討していることがあります。その控室の棋士たちの読み筋や、指し手への反応も書いてくれたりするんですよ。「郷田らしい強直な差し回しに、控室の棋士たちからどよめきが起きた」とか。指し手の意図を解説し、現場の様子を臨場感たっぷりに伝えてくれる観戦記者さんの存在は、将棋を楽しむ上で欠かせません!

あじこ 観戦記者さんによっては、「この2人は現状こうなっていて、こういう関係性」というポイントまで書いていてくれたりする。

もぐもぐ 将棋を観戦したことのない方が想像している100倍はエモいです。この間のA級順位戦、佐藤康光九段対深浦康市九段の対局では勝負も大詰めの終盤でたった1行、「天衣無縫の男は攻めを選んだ」というコメントがあってしびれました。

ポール 私が最近「いいな」と思ったのは、斎藤慎太郎六段の対局でも起きていた座席の譲り合い。

一同 あ〜〜〜!

— え、それ、何ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
観る将」のススメ

cakes編集部

10月7日に発売された漫画『或るアホウの一生』。「棋士の生き方」萌え漫画である本作の発売を記念して、作者のトウテムポールさんをはじめ、「将棋」にハマっている女子を招いて座談会を開催!  彼女たちの共通点は、自分で指すのではなく、棋士の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

haruna26_bot 将棋女子座談会第2回「 (2015-10-29) 約4年前 replyretweetfavorite

Goranshin2015 僕の理解を超えた女性がここにいる。将棋界にはいいことなんだろう。 4年以上前 replyretweetfavorite

_ohno_san_ TO(トップオタ) > 4年以上前 replyretweetfavorite

ametsugu_naoe https://t.co/1Q7VNwgbC6 >指し手の意図を解説し、現場の様子を臨場感たっぷりに伝えてくれる観戦記者さんの存在は、将棋を楽しむ上で欠かせません! 4年以上前 replyretweetfavorite