当たり前」はいつ生まれた?—「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生」

古くから描かれ続けた肖像画や宗教画と比べると、まだまだ歴史の浅い風景画。一場面を彩る背景としてしか描かれなかった風景が、「見るべきもの」として取り上げられるようになるまでには、どのような出来事があったのでしょうか。渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている、「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生」で、風景画の歴史をたどってみましょう。

アンドロ・バッサーノの月暦画連作 1580-85年ごろ

どれほど当たり前のような顔をして存在しているものにも、かならず「はじまり」のときというのがあるはずですよね。おじいさんやおばあさんにも赤ん坊の時代があり、古色蒼然たる構えの老舗料理店にもオープンの日はあったのです。

絵画のジャンルもまた同じ。いまのわたくしたちが、絵画と聞いて思い浮かべるのは、肖像画に歴史画、宗教画や風景画、または抽象画といったところでしょうか。たいていの絵はこれらのカテゴリーに収まりますけれど、当然ながらそれぞれに発生の時期というものがあります。肖像画や宗教画がずいぶん古くから存在するのに比して、じつは風景画って、かなり歴史が浅いのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo 【News】cakes更新しております。どこより早い展覧会案内ーー #cakes 約5年前 replyretweetfavorite