聖地巡礼

なぜ人は聖地へ足を運ぶのか?—宗教と世俗、観光と巡礼が交差する場所

宗教と観光(ツーリズム)を多面的な観点から論じた、岡本亮輔『聖地巡礼 世界遺産からアニメの現場まで』(中公新書)。各地で観光資源を探す試みが続き、世界遺産も話題になる中、その枠組みを考える補助線を提示する一冊です。ケイクスではそのまえがきをここに公開します!

聖地や巡礼という言葉を聞くと、どのような場所を思い浮かべるだろうか。

日本では、二〇一三年の式年遷宮の記憶も新しい伊勢神宮や出雲大社、仏教の聖地である比叡山や高野山、あるいは初詣で多くの人が足を運ぶ明治神宮、成田山新勝寺、浅草寺などが挙げられるかもしれない。

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで (中公新書)

また、世界文化遺産登録で話題になった富士山をはじめ、立山、白山、出羽三山といった全国各地の霊山も日本古来の聖地として広く知られている。外国では、キリスト教のエルサレムやローマ、イスラームのメッカ、ヒンドゥー教のベナレスやガンジス川、アボリジニのエアーズロックなどがイメージしやすいかもしれない。日本にも外国にも無数の聖地が存在している。

それでは聖地にいるのは誰だろうか。京都や奈良へ旅行する際、寺社を回らない人はほとんどいない。あるいは、フランスを旅する人の多くは、カトリック信仰の有無とは関係なく、パリのノートルダム寺院やサクレ・クール寺院を訪れるだろう。聖地は、信仰者だけではなく、観光客も足を踏み入れる場所なのである。

多くの人は聖地を訪れることで、その地域や社会の文化の核心に触れられるという期待を抱いているのではないか。聖地は記憶を留める場所であり、その地に暮らす人々の価値観や世界観を表現し、しばしばアイデンティティの中核となる。

人間の社会は、一〇〇年もすれば、大半の構成員が入れ替わる程度には流動的である。だからこそ、数百年あるいは千年以上に渡って受け継がれてきた場所は地域や社会のシンボルとして神聖視されるのである。

ただ、重要なのは、時に数千年前から変わらないかのような聖地でも、時代によって変化することである。世の移り変わりとともに、聖地は忘れられたり、(再)発見されたり、他の場所と結びつけられたり、新たに作られたりする。そして現代では、観光というみじかな行動と結びつくことで聖地は大きく変容しつつある。

こうした問題意識から、本書では、聖地巡礼と観光をセットにして考えてゆく。とはいえ、この言葉の組み合わせは、不思議なものに思われるかもしれない。

聖地巡礼と言えば、熱心な信仰者が行う宗教実践のイメージが一般的であろう。それは、強い信念や切実な祈りに突き動かされて行う真剣な行動であり、娯楽としての観光旅行と決定的に異なっていると考えられているのではないか。そして、特に深く宗教に関わっているわけではない多くの日本人にとって、聖地巡礼は自分とは関係のない遠い世界の出来事だと感じられるかもしれない。

しかし、観光という身近な行動は、現代の聖地巡礼について考える上で重要な鍵となる。すでに述べたように、聖地には多くの観光客の姿がある。一方で熱心な信仰を持つ人や、日常生活において宗教が中心となる場面は減りつつある。

沖縄県の斎場御嶽。「聖地」として知られる。

それでは、聖地と観光は学問的にどのように論じられてきたのだろうか。一言で言ってしまえば、伝統的な聖地巡礼研究では無視されてきた。興味や好奇心から聖地を訪れる観光客は、神聖な空間を乱す乱入者くらいにしか見なされてこなかった。祈る巡礼者に対して、観光客は不真面目な存在として批判的に見られてきたのである。

このような「聖なる巡礼者/俗なる観光客」という二分法は大きな問題をかかえている。たとえば、ほとんどの日本人は、初詣、冠婚葬祭、旅行を除けば寺や神社にはあまり行かない。

特に若い世代では、必ずしも家に仏壇や神棚があるわけではないし、朝夕それに手を合わせる人となると、ほとんどいないのではないか。そして、神社仏閣や教会を訪れる数少ない機会が観光なのではないだろうか。

それでは、こうした「不信心者」が雑誌やテレビを通じて「恋愛成就に効くパワースポット」として箱根神社のことを知り、温泉旅行の際に立ち寄ったとすると、それは宗教的な巡礼なのだろうか、それとも世俗的な観光なのだろうか。あるいは、この人は巡礼者なのだろうか、それとも観光客なのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

聖地巡礼

岡本亮輔

信仰と観光が交差する聖地とは何か? 気鋭の宗教学者が読み解く。

関連キーワード

コメント

consaba 岡本亮輔  4年以上前 replyretweetfavorite

DrqYuto アニメの話だと思った 4年以上前 replyretweetfavorite

chu24ki 面白そうな本だなー。特定宗教は信仰してないけど(強いて言うなら神道?)、諸宗教の聖地に興味がある。 4年以上前 replyretweetfavorite

pictist これ去年読んだけど面白かったよ。青森県のキリスト祭で神主さんが祝詞あげてる話とか。 4年以上前 replyretweetfavorite